水平線

外壁塗装の耐用年数

耐久性と美観性について
ハギシン塗装の代表者

塗料の種類と耐用年数比較

【基本的な塗料の種類】実際に使用する塗料ってどんな種類があるの・・・?
塗料の種類 ウレタン、シリコン、ラジカル、フッ素

塗料(樹脂成分)の種類

外壁塗装で使用する主な塗料は「ウレタン塗料」「シリコン塗料」「ラジカル塗料」「フッ素塗料」「無機塗料」の5種類に分類できます。このうち塗料に含まれる樹脂で表すのが、「ウレタン樹脂塗料」「シリコン樹脂塗料」「フッ素樹脂塗料」です。「ラジカル塗料」は樹脂塗料にラジカル抑制機能を併せ持つ塗料でハイブリッド塗料と表すこともあります。
「無機塗料」は、樹脂塗料に無機物(セラミッなど))を混合した超耐久性塗料で強靭な塗膜が特徴です。

いずれの塗料も水で希釈して使用する「水性塗料」と、シンナーで希釈して使用する「油性塗料」の製品があり、塗装する下地との相性や建物の立地環境によって使い分けます。水性塗料と油性塗料の特徴を比較すると下記のようになります。

「水性塗料」➡臭気性が低く耐久性に優れるが、木部、鉄部への使用は不向き。

「油性塗料」➡耐久性に優れ下地を選ばず使用できるが、特有の臭気性がある。

さらに水性、油性の各種塗料には、「1液型」「2液型」の2種類のタイプがあります。

1液型」は主剤のみで使用するタイプの塗料です。

2液型」は主剤に硬化剤を混ぜて使用するタイプの塗料です。

「1液型」と「2液型」の特徴を比較すると、下記のようになります。

「1液型」➡材料を調合する手間がなく作業性が良好。希釈した材料は翌日でも使用できる。塗料仕入れ価格が2液型塗料より安価な場合が多いので「2液型」より施工単価が若干割安になります。

「2液型」➡材料を毎回調合する際の手間がかかるため作業性が悪い。調合した材料は数時間で硬化するので翌日は使えない。塗料仕入れ価格が1液型塗料より高額な場合が多いので「1液型」より施工単価が若干割高になります。

塗料の耐久性と付加価値の違い

【塗料選択の基準】塗料の樹脂と付加価値の有無で塗料を選ぶ
塗装塗り替えの目的である建物の耐久性向上では、塗料の耐用年数の比較が工事プラン選択の目安になります。耐用年数の比較は、塗料の樹脂をグレードとして考えると整理しやすいと思います。また、前述のラジカル抑制や無機物配合などは、塗料の耐用年数に反映されます。グレードの高い樹脂に付加価値を付けた塗料の位置づけは最上位といえます。

塗料の樹脂をグレードで比較する場合は、ウレタン<シリコン<フッ素、の順となります。ウレタン樹脂とシリコン樹脂では極端な差は生じませんが、フッ素樹脂では耐久、防汚などの機能性が格段に高くなります。近年主流のラジカル塗料はシリコン樹脂塗料に分類されますが、ラジカル抑制機能の付加価値を含めると上位クラスの塗料といえます。

耐久性の高さでは「無機塗料」が有名ですが、「無機塗料」のグレードは、塗料に含まれる樹脂成分によって大きく左右されます。シリコン樹脂がベースの無機塗料とフッ素樹脂がベースの無機塗料の耐用年数は、それぞれ前述の樹脂グレードに依存します。

耐久性の比較では、塗料に含まれる樹脂と付加価値の有無も含めて比較します。樹脂と付加価値の組み合わせは、メーカーによって独自性があるうえに、多くの組み合わせがあるため一概に「このメーカーのこの商品が最上級グレードです」と言い切ることはできません。また、[遮熱塗料」は、太陽光(近赤外線/熱線)を高反射して建物の温度上昇を抑える遮熱機能を付加価値とし、夏場の居住環境を快適にするのが利点ですが、塗料の耐用年数比較には適さない要素です。

塗装の専門業者であっても、すべての塗料の機能性を理解するのは不可能ですし、お客様が考える価値観によって提案する塗料は異なります。耐用年数を主軸に塗料を提案する際は、各メーカーが開示している期待耐用年数を判断材料として提案しています。

塗料の耐用年数比較

前述の塗料の樹脂比較と付加価値の有無は、どちらも目的別に絞って塗料を選択する際の要素になります。付加価値については、耐用年数に直接反映しない場合も多くあります。塗り替え工事の周期を長く設定することを目的にした耐用年数比較を塗料グレードで表すと以下のようになります。下記の年数は外壁塗装の耐用年数目安です。建物の立地環境や既存下地の劣化状況により年数が変動する場合があります。

 

「ウレタン塗料」⇒8~10年

 

「シリコン塗料」⇒12~15年

 

「ラジカル塗料」⇒14~16年

 

「フッ素塗料」⇒ 18~22年

 

「無機塗料」⇒以下参照  

「無機塗料」は、有機塗料(樹脂塗料)に無機質成分(鉱物、ガラスなど)が含まれた塗料の総称です。耐用年数は、各塗料の樹脂グレードに依存します。また、塗料に含まれる無機質成分の含有量に依存しますので、耐用年数が大きく変動します。変動する範囲の例としては、「無機塗料」の名称で最短の期待耐用年数は5年。最長の期待耐用年数は25年まで幅が広がってしまいます。無機塗料はセラミック塗料とも呼ばれます。製品の種類が多く耐用年数を定義する基準が定まっていないのが実情です。

塗料の特徴-耐用年数、美観性

【塗料の種類と耐用年数】塗料のグレード別に耐用年数を比較!
外壁塗り替え用塗料の耐用年数比較表

※年数は外壁塗装の場合の年数です。

図の中の耐用年数は、外壁用塗料のグレードと耐用年数を表していますが、年数はあくまで目安となる数字です。
一般的に紫外線の影響を受けやすい南面は、塗膜の劣化速度が速く、紫外線の影響を受けにくい北面は劣化速度が遅くなります。紫外線の影響範囲を考慮すると耐用年数にある程度幅が生じます。
塗料グレードと耐用年数はほぼ比例しますので、メンテナンスサイクルと施工プランの参考にしてください。
近年、最も費用対効果に優れる塗料として注目されている塗料は、「ラジカル塗料」です。


【塗料の種類と美観性】塗料の艶度も施工プラン選択の要素!
塗料のグレードと艶の維持年数を表したグラフ

塗料の種類と艶度では、グレードの高い塗料ほど艶度が高い傾向にあります。また、水性塗料と油性塗料では、原料の粒子の違いで油性塗料が艶度が高い傾向にありますが、極端ではありません。
艶のイメージでは、艶無し、3分艶、5分艶、7分艶と艶調整できる塗料が多くあります。艶調整塗料は、通常の艶有り塗料に艶調整材を添加します。
添加する調整剤と同量の樹脂成分が、塗料の中で少なくなりますので、艶を調整すると耐久性が低下するという見解が一般的です。どの程度影響するのかという厳密なデータはありません。


【選べる施工プラン】塗料の特徴をグレード別に比較検討!
各種建築用塗料の特性比較表

塗り替え工事で使用される塗料の種類は、ウレタンからシリコン、シリコンからラジカルという流れで現在に至ります。
ウレタン塗料は、鉄部と相性がよく、シリコン塗料、ラジカル塗料は低汚染(防汚機能)が特徴です。
フッ素塗料は、美観(艶)、低汚染、耐用年数のすべての面で優れた機能性を持つ最上位の塗料です。
耐久性のバランスを整えるために、劣化頻度の高い屋根に高価な塗料を使用し、外壁、付帯部には屋根よりワンランク低い塗料を選択するのがおすすめです。


【水性塗料と油性塗料】耐候性能が等しい両製品の特徴と施工のポイント!
水性塗料と油性塗料

水性塗料と油性塗料では、耐用年数に差はありませんが、対象物との相性から、鉄部や木部に水性塗料は使用しないのが通常です。
水性塗料は臭気性が低いため、周囲の環境に配慮が必要な住宅密集地などで多く使用します。
油性塗料の場合、若干の臭気がありますが、鉄部や木部を含むあらゆる下地に塗装できます。(弱溶剤の場合)
下塗り塗装と上塗り塗装では、水性・油性それぞれで同じ種類の塗料を選択するのが通常です。


【費用対効果抜群】ハイブリッドシリコン「ラジカル抑制型塗料」がおすすめ!

超耐候形水性ハイブリッドシリコン樹脂塗料
エスケープレミアムシリコン
エスケープレミアムシリコンは、エスケー化研が2014年に開発したラジカル塗料です。シリコン樹脂の特徴である防汚機能と塗膜で発生する劣化因子を抑制するラジカル抑制機能を組み合わせたハイブリッド型塗料です。
期待耐用年数が14年~16年という長期設定でありながら工事費用は従来のシリコン樹脂と同等の価格帯というハイコストパフォーマンスを実現しています。

超耐候形一液nad特殊シリコン樹脂塗料
エスケープレミアムnadシリコン
水性塗料のプレミアムシリコンに続き、油性塗料のプレミアムNADシリコンが2017年に登場。
優れた防汚機能と劣化因子抑制機能のハイブリッド型塗料は、期待耐用年数が14~16年と長期に設定されています。
水性塗料が不向きな木部や鉄部にも塗装できる弱溶剤塗料なので、下地を選ばず塗装できる万能タイプです。
従来のシリコン樹脂塗料と同等の価格帯で施工できます。

塗料メーカー耐用年数情報~エスケー化研(株)

以下のリンクボタンからメーカー製品情報(耐用年数、塗料の特徴)がご覧になれす。

リンク先ページ最下部の「カタログPDF」から製品名をクリック(タップ)で、製品カタログがご覧になれます。
製品名をクリックまたはタップ
エスケー化研の塗料のpdfカタログ

「塗料カタログ一覧」ボタンから、各種塗料のWEBカタログがご覧いただけます。
(サイト内でページ移動します)

 

選べるプラン

水平線
外壁塗装の施工費用、他社との比較などお気軽にご相談ください