屋根塗装の施工事例~三重県津市

 

三重県津市にて行った、戸建て住宅のカラーベスト屋根(薄型スレート屋根)塗装の施工事例を掲載しています。

2階建て住居の屋根及び離れ1階建て住居の屋根塗装と一部破風板の塗り替え工事です。外壁塗装は行いませんが、仮設足場と飛散防止用ネットの設置を含みます。

今回の塗り替え工事の作業の流れとポイントなど、実際の工事風景画像で解説しています。

ページ下部には今回の工事で使用した塗料の種類と用途をまとめてあります。

 

カラーベスト(薄型スレート)屋根の塗装

🏠施工前

屋根塗装を行う前のカラーベスト屋根の様子

🏠施工後

塗装工事完成後のカラーベスト屋根の画像

施工データ

塗料メーカー エスケー化研
使用塗料 ヤネフレッシュsi
塗料名称 超耐久NAD型特殊シリコン樹脂塗料
期待耐用年数 6~8年
施工箇所 屋根
色調 RC-113
施工価格 40万1千円
類似物件参考価格 40万円~45万円

施工前の状況

屋根の劣化状況

塗装工事を行う前の屋根の様子

施主様によると、10年を目安に塗り替えを行っているとのことで、著しい劣化は見られません。

前回の塗り替えから約10年で、表面塗膜の艶引けはありますが、塗料の剥離は一切ありません。

標準工程で十分な耐久性を確保できる状態です。

塗装工事を行う前の玄関先の屋根の様子

玄関上部の小屋根の様子です。大屋根と現状色が違いますが、こちらは色あせが気になった時期に部分的に塗り替えたそうです。

こまめなメンテナンスのおかげで、こちらも劣化状態は軽度です。

雨樋の塗装が少し剥がれていますのでサービスで塗装させていただきます。

 


屋根部材(笠木)の破損

塗装前の屋根の部材(笠木)が破損している様子

無料点検時に驚いたのですが、大屋根の部材(笠木)端1メートルほどがありません。地面に落下している様子もなく、いつ外れたのか施主様も気が付かなかったとのことです。

無くてはならない部材なので、知り合いの屋根業者に早急に修理を依頼しました。

離れ住居の屋根

塗装工事前の離れ住居屋根の状態

こちらは同敷地内にある離れ1階建て住居の屋根です。

今回初めての塗り替えとなります。屋根の角度が非常に急こう配で人が立っていられる角度ではありませんので、屋根と平行に作業用足場の設置が必要です。

 

 


施工中の状況

足場工事

屋根塗装のための仮設足場の作業中の様子

今回は、屋根のみの塗装工事ですが、高圧洗浄時の汚水や塗料が周囲に飛散するのを防ぐため仮設足場は必要となります。

職人の落下防止に配慮していることはもちろんですし、塗装道具の落下防止など、高所作業での安全確保全般のための足場設置となります。

 

1階建て離れ住居の屋根足場設置風景

2階建て住居の屋根から、同じ敷地内にある1階建て住居の屋根を撮影しています。

足場材の屋根への接地面は必要最小限としながらも、十分な作業スペースと安全確保ができている状態です。

 

屋根塗装のための仮設足場が完成した様子

今回は2階建て住居と離れ1階建て住居の工事で、足場工事の施工面積が多くなりますが、足場職人の増員で1日間で設置工事は完了しました。

外壁面での移動はないため、周囲への影響がない正面のネット養生はしていません。

 


高圧洗浄

高圧洗浄機の画像
戸建て住宅の屋根を高圧洗浄している様子

高圧洗浄にはエンジン式の高圧洗浄機を使用します。

強い水圧で頑固なコケや水アカなどを簡単に洗浄することができ、洗浄機本体と洗浄ガンに水圧調整ダイヤルがついているので、既存屋根の劣化状態に合わせて微調整することもできます。

 

2階建て住居の屋根を洗浄中です。

既存塗膜の状態はそれほど劣化していないので、ある程度水圧を強くしても旧塗膜の剥離はありません。付着しているコケ、水アカを丁寧に洗浄していきます。

 


1階建て住居の屋根を高圧洗浄している様子

1階建て住居の屋根を洗浄している様子です。

こちらは新築から1回目の塗装塗り替えということで、既製品屋根材の塗装はすっかり劣化しています。

全体的に薄く下地が透けていますので、水圧を強めすぎないように注意しながら洗浄していきます。

 


シーリング工事

カラーベスト屋根がひび割れている様子

屋根に数か所ひび割れ(クラック)が発生しています。

多くの物件ではこのように比較的軽度のひび割れが確認できますが、この程度では屋根材を交換する必要はありません。

シーリング補修で十分修復可能なレベルです。

カラー部スト屋根のひび割れをシーリング補修した様子

ひび割れに沿ってシーリング補修した様子です。

シーリング補修は高圧洗浄時の水分が完全に乾燥した状態で行わなければ密着不良を起こしますので、通常は高圧洗浄の翌日以降に補修作業を行います。

 


カラーベスト屋根のひび割れをシーリング補修した様子

既存塗膜の劣化は軽度ですが、数か所に小規模のひび割れは発生しています。

ヘアークラックといわれる微細なひび割れを含めてすべてシーリングで補修していきます。

ノンブリードシーリングの画像

ひび割れ補修に使用するシーリング材は「ノンブリード」というタイプを使用します。

ノンブリードでないシーリング材を使用すると、施工後早い時期で1年後には、補修部分の汚染が発生してしまいます。

 


ブリード現象

ブリード現象とは、シーリング材に含まれている可塑剤(かそざい)という成分が、塗料と反応することによって粘着成分が表面ににじみ出る現象のことです。

表面ににじみ出た粘着成分は、乾燥、硬化することはなく、その上に空気中のちり、ホコリ、雨水などの汚れが付着します。

以下の画像は外壁に発生したブリード現象の例です。

塗装工事の際、ノンブリードでないシーリング材を使用し、その上に塗装すると画像の様な非常に醜い状態になってしまいます。

塗料の種類(樹脂)によって発生する時期に差はあるものの確実に発生してしまいます。

ブリード現象を回避するにはノンブリードタイプ(NBタイプ)のシーリング材を選択、使用します。

外壁に発生したブリード現象の例画像

画像に見える黒い筋状の部分がブリード現象の発生部位です。シーリング施工面全体に発生します。

外壁に発生したブリード現象の拡大画像

シーリング材からにじみ出た粘着成分に、ちり、ホコリなどの汚れが付着してしまいます。

 

 


ノンブリードシーリング

ノンブリードシーリングの画像

繰り返しになりますが、ノンブリードでないシーリング材は塗料との相性が悪く、施工後早い時期に汚染を発生させてしまいます。

塗装業者ではノンブリードでないシーリング材を使用する理由はありません。

ノンブリードタイプのシーリング材には、商品ラベルにノンブリード(またはNB)と必ず記載されています。多くのシーリング製造メーカーから発売されているので即日入手できます。

 

 

 


下塗り塗装

カラーベスト屋根に刷毛で下塗り塗装をしている様子

下塗り用の2液硬化型プライマーを塗布していきます。部材の周囲や端部分は刷毛で縁取りながら先行塗りしていきます。

 

カラーベスト屋根の下塗り塗装前後の比較画像

下塗り用のプライマーを塗布した部分が色の濃い部分です。

今回使用しているプライマーはエポキシ樹脂の透明タイプですが、塗装後は濡れているように色が濃く残ります。

カラーベスト屋根にローラーで下塗り塗装をしている様子

刷毛の先行塗りの後、広い部分はローラーを使って塗装していきます。すべて手塗りなので塗料の飛散はほぼありません。

 

カラーベスト屋根の下塗り塗装完了後の様子

下塗り塗装完了の様子です。

下塗り塗料自体には大きな耐候性はありません。この工程は、屋根材の強化と仕上げ塗料との付着性を高めるために行います。

 


中塗り塗装

刷毛で屋根の中塗塗リ塗装を行っている様子

中塗り塗装も下塗り塗装と同じように、刷毛で部材の周囲、端部分を先行塗りしていきます。

 

屋根の中塗りと下塗りの比較画像

画像上部が中塗り塗装中(後)の屋根です。

施主様の仕上げ色のご要望は現状色ですので、当店側で色の選択、ご提案をしています。

ローラーでカラーベスト屋根の中塗り塗装中の様子

広い部分はローラーを使って塗装していきます。使用するローラーは、一工程ごとに交換し、塗料(塗膜)の肉厚を確保します。

 

カラーベスト屋根の中塗り塗装完了の様子

屋根面片側の中塗り塗装が完了した状況です。

使用している塗料は速乾性塗料ですが、上塗り塗装は同日には行わず翌日に行います。

 


上塗り塗装

刷毛を使ってカラーベスト屋根の上塗り塗装を行っている様子

刷毛を使って屋根の縁周りの上塗り塗装中です。

画像ではわかりにくいかもしれませんが、乾燥後の中塗り部分と塗装中の上塗り部分の色の濃さが違います。

乾燥(硬化)すると色が濃くなるのが塗料の性質ですので、同じ色調でも塗り残す心配はありません。

カラーベスト屋根の上塗り塗装完了風景

上塗り塗装完了後の様子です。

劣化状態が軽度ということもあり、標準の塗装工程(3工程)で、とても美しく仕上がりました。

高圧洗浄で屋根材下地全体が露出してしまうほど劣化している場合は、下塗り塗装を2回行い、密着性・耐久性を確保します。

 


瓦の縁切り作業

縁切りとは、瓦と瓦の隙間が塗料で埋まってしまった場合、カッターナイフや金ベラ(皮スキ)で隙間を確保したり、タスペーサーという専用の部材を挿しこんで、隙間を確保する作業です。

瓦下方向の隙間は、大雨(強風)や瓦裏の結露によってたまった水分(雨水)を排出させるための出口ですので、常に解放させておく必要があります。

縁切り作業は、瓦の隙間が塗料で埋まってしまった場合のみ必要な作業です。

カッターナイフで縁切り

上塗り塗装が乾燥後、接着部分全てに手作業で切り込みを入れます。屋根塗装と別途料金がかかります。(施工面積で変動)

カラーベスト屋根の縁切り作業風景

タスペーサーで縁切り

下塗り塗装が乾燥後に必要量挿しこみます。屋根塗装と別途料金がかかります。

カラーベスト屋根の縁切り作業風景

カラーベスト屋根の場合、築年数による瓦の劣化状態や、過去の塗装塗り替えによる塗膜の残量など、それぞれの物件で現状が大きく変わります。現地見積りの際、はしご等で瓦の状態を確認しますが、実際の工事で隙間がどの程度埋まるのか、埋まらないのかは判断出来ない場合が多くあります。

見積書を作成する際、縁切りに関しては塗装した結果に応じて縁切りを実行するかどうかを判断するのが賢明です。必要ないかもしれない縁切り工事が最初から見積りの項目に含まれている場合は、無駄な出費になるので見積り業者に確認したほうが良いかもしれません。(縁切り作業の面積によって作業代金が変動するのが通常です)

※見積り・点検の時点で、元の隙間が埋まってしまっている場合は、屋根塗装が完了(完全硬化)後に縁切り作業を行いますので見積りに縁切り工事の項目が含まれていても不自然ではありません。

カラーベスト屋根の隙間

今回の工事では瓦の隙間が埋まる箇所がなかったので、縁切り作業は必要ありません。

隙間が埋まる物件としては、過去複数回(3回以上など)の塗装による塗膜の厚みで、元の隙間がほとんど埋まりかけている場合や、比較的新しい物件では、部分的に規定量以上の塗料が残ってしまった場合など、決して多くはありません。

屋根全体ではなく、部分的に埋まってしまった隙間は、その部分だけ縁切りをして隙間を確保すれば不具合は一切起こりません。

小面積の縁切り作業ならサービス施工で行える範囲です。

 


1階建て住居の屋根塗装

今回の物件では、同敷地内に併設の1階建て住居の屋根塗装も行います。

屋根両側の破風板(木部)の塗装も依頼されていますが、小面積なのでサービス施工にさせてもらいました。

工事の流れはここまでの2階建て住居の屋根塗装と同じ工程内容ですが、一連の作業工程を掲載しておきます。

 

高圧洗浄

1階建て住居の屋根を高圧洗浄している様子

急こう配な角度と平行に足場を設置してあり、動きが制限されるので安全第一で作業しています。

下塗り塗装

1階建て住居の屋根の下塗り塗装中の様子

刷毛とローラーを使って、2液硬化型のプライマーを塗布していきます。プライマーはエポキシ樹脂塗料です。

 


中塗り塗装

1階建て住居のカラーベスト屋根の中塗り塗装中の様子

隅部は刷毛で、広い面はローラーを使って中塗り塗装を進めていきます。

1階建て住居のカラーベスト屋根の中塗り塗装完了後の風景

中塗り塗装が完了しました。後日上塗り塗装を行い仕上がりとなります。

 


上塗り塗装

1階建て住居のカラーベスト屋根の上塗り塗装中の様子

中塗り塗装が完全に乾燥後(後日)仕上げの上塗り塗装を進めていきます。

 

カラーベスト屋根の上塗り塗装の完了風景

上塗り塗装が完了しました。新築時から1回目の塗装でしたが、メーカー標準仕様(3工程)で高い完成度となりました。


付帯部の塗装

破風板のケレン作業風景

高圧洗浄で落とし切れなかった旧塗膜を落とすためのケレン作業です。破風板と下塗り塗料の密着性も高まります。

破風板の下塗り塗装風景

下塗り塗料は付着性、耐候性ともに良好のエポキシ樹脂のさび止め塗料です。釘の錆止め効果も兼ねています。


今回の工事では、木部(破風板)の下塗りにエポキシ樹脂のさび止め塗料を使用しています。メーカーには合成樹脂系の木部用下塗り塗料も用意されていますが、今回は板金部(鉄部)と破風板の色が共色仕様であり、使用されている釘が激しくさびていることから、さび止め効果のない木部用下塗り塗料は選択していません。

下塗り塗料の特徴は、塗装下地への食いつきと上塗り塗料との付着性向上の為、原料の粒子が上塗り塗料より粗いという点です。塗装下地の状態を見極めたうえで、木部用下塗り塗料を選択する場合もありますが、今回は工事後の錆の進行を抑制したいのでエポキシ樹脂系さび止め塗料を選択しています。

破風板の上塗り作業風景

下塗り塗装が乾燥後、仕上げの上塗り塗装を塗布しています。今回、破風板塗装はサービス施工ですので2工程で仕上げています。

破風板の塗装工事完成風景

破風板塗装の完成です。破風板下地(木材)が完全に露出していましたが、塗膜を付けることで耐候性を確保できました。

 


屋根の笠木板金修繕工事

屋根上部の笠木板金の修理は知り合いの屋根業者に依頼し、即日復旧できました。

屋根の笠木板金の取り付けは、通常、釘を使って下地木材に取り付けますが、経年や振動などで緩んでしまうことも多くあります。今回は釘とビスの2種類を併用して入念に取り付けてもらいました。

部分的に破損した屋根の笠木板金の様子

屋根上部の笠木板金が、経年劣化で釘が緩んだせいか、部分的に破損、落下してしまっています。

 

釘とビスを使って取り付けた屋根の笠木板金

今回の修繕取付では、通常の板金釘と合わせてビスも併用して取り付けしてあります。

修繕取り付け後の屋根の笠木板金

笠木板金の破損は雨漏りに直結するので、足場設置後、高圧洗浄を行う前に即日取り付けしてもらいました。

 

新規取付した屋根の笠木板金周辺の様子

笠木を取り付ける前に、既存笠木と新規笠木の繋ぎ目(中まで)には、さび止め塗装を塗布してあります。

 


足場工事(解体)

塗装工事完了後、施主様のご都合に合わせて仕上がりを確認してもらい、足場解体の許可をいただきます。

 

戸建て住宅の屋根塗装完了後に仮設足場を解体している様子

仮設足場を解体してるところです。施主様から解体許可をいただいてから、足場業者に工事を依頼しますので、解体工事は通常2~3日後になります。

 

仮設足場の解体工事は通常半日で完了しますが、今回の物件は施工面積が広かったので午後までかかりました。

 

 


施工完了

カラーベスト屋根塗装の1階と2階の完成風景
2階建て住居と1階建て住居のカラーベスト屋根の塗装完了後の風景

2階建て戸建て住宅と1階建て住居の屋根塗装完成風景。

 

玄関上部小屋根周囲の雨樋塗装後の画像

玄関ポーチ上部のパラペット型雨樋の塗装。(サービス施工)

2階建て住居のカラーベスト屋根の塗装完了後の風景

2階建て住宅の大屋根塗装完成風景。

 

玄関上部小屋根塗装完了後の風景

玄関ポーチ上部の小屋根塗装完成風景。

 


今回使用した材料・塗料一覧~製品情報

 

今回の工事で使用した材料(塗料)の種類と用途をまとめてあります。

製品情報(WEBカタログ)をご覧になる場合は、画像下のリンクボタンからご覧ください。

 

シーリング材

ひび割れ(クラック)補修に使用。

ノンブリードシーリングの画像

下塗り塗料

屋根の下塗りに使用。

マイルドシーラーエポの画像

屋根用塗料

屋根の仕上げ塗りに使用。

屋根用塗料ヤネフレッシュsiのカタログ画像

さび止め塗料

破風板(木部)の下塗りに使用。

さび止め塗料マイルドサビガードのカタログ画像

シリコン塗料

破風板(木部)の上塗りに使用。

シリコン塗料クリーンマイルドシリコンのカタログ画像