外壁塗装の施工事例とハギシン塗装の事業内容詳細の画像

外壁塗装・塗装工事について

よくあるご質問と当店からのアドバイスの画像
外壁塗装の施工例

外壁が色あせてきたけど塗装したほうがいいのかなぁ?

 

塗装の塗り替え時期って何年くらいなのかしら?

 

塗装の塗り替え工事ってどんなことするのかなぁ?

 

塗装工事の費用って全部でいくらくらいかかるのかしら?

  

塗装の塗り替え工事ってどこに頼めば安心できるかなぁ?


外壁塗装・塗り替えなら「迅速対応★丁寧施工」ハギシン塗装 !  適正価格  NO.!!

外壁塗装用の足場を設置した住宅

塗り替え工事って必要?

塗り替え工事のメリットとタイング、自宅で簡単にできる建物の診断方法掲載しています。

・・・・・・・・・・・・・・・

外壁塗装の施工風景

実際の作業内容って?

外壁塗装などで耐久性を延ばすための効果的な作業手順を画像と合わせて具体的に掲載しています。

・・・・・・・・・・・・・・・

外壁塗装後の住宅

工事後の耐用年数は?

塗料の種類と特徴をまとめました。

気になる塗料の耐用年数をグレード別にグラフに表記しています。

・・・・・・・・・・・・・・・

計算機を使う人

塗装工事の適正価格は?

外壁塗装をはじめ、その他木部・鉄部など部分塗装の塗り替え費用を、明瞭に記載しています。

・・・・・・・・・・・・・・・


塗装塗り替え工事の必要性とメリット

塗装塗り替え工事の必要性

塗装の塗り替えが必要なのはどうして?

🏠建物を自然環境(雨・紫外線・汚染など)から守り資産価値を高めます。

 

🏠建物の美観を維持して資産価値を高めます。

 

🏠建物の経年劣化を防ぎます。(老朽化対策)

いずれも快適な環境維持につながる大きなメリットですが、住宅など建物の塗装塗り替え工事で使用する塗料は、年数とともに劣化するという性質を持っており、安価な塗料にも高価な塗料にもそれぞれ耐用年数が設定されています。

 
一見しただけではわかりづらい塗料の劣化を放置してしまうと、外壁や屋根の汚染やひび割れ
さらには雨漏りなど建物に大きな悪影響を及ぼすことになり、結果的に大切な建物の資産価値を大きく下げることになってしまいます。

 

また、誤解されやすいのが、どんなに激しく老朽化した建物(外装)でも塗装塗り替え工事を行うことで元どおりに修復できるのではないか?」というところですが、塗料の耐用年数の大幅な経過などで激しく劣化が進んでいる部分がある場合などは、塗装工事とは別に破損部などの修復工事に、別途工事費用が必要になるケースが多くあります。

 

大切な資産である建物に大きな悪影響が目立つ前に、塗料の耐用年数を目安に塗り替え工事を行うことが建物の老朽化の防止につながると同時に、工事費用の軽減にもつながります。

外壁塗装の施工事例と参考価格の写真
ハギシン塗装代表者の写真と外壁塗装無料点検のpr画像
ご相談からご契約までの流れ

「適切な時期の塗り替えで長寿命と施工費軽減!」のテキスト画像

塗装塗り替え工事のメリット

【耐久と美観】塗装面が完全に劣化してしまうと耐久性の低下と美観の低下を招きます

■耐久性向上のための塗装工事

塗料の耐用年数を目安にして、定期的に塗装を塗り替えることが建物の老朽化を防ぐコツです。

塗料の性能は年々向上していますが、耐用年数を過ぎてしまうとその耐候性はほとんど期待できません。

建物の塗装を塗り替える目的は、その資産価値さげないためです。

塗料の耐用年数、塗り替え時期などお気軽ご相談ください。

■美観性向上のための塗装工事

古くなった塗装を塗り替えることで、建物の美観を維持することは資産価値の向上に大きく役立ちます。

塗り替え工事の際に色調についてご相談を受けることが多くありますが、周辺地域の景観にマッチした色調をお勧めしております。

建物の形状と色のバランスについてなど、豊富な経験をもとにアドバイスさせていただきます。


ハギシン塗装代表者の画像

塗装塗り替え工事のメリットは耐久性の向上と美観の維持ということになりますが、工事のタイミングが一つのカギです。

外壁や屋根の場合、塗装の劣化を見過ごすことが、雨漏りの要因になることもありますので、定期的な塗り替えが大きな安心につながります。

塗装の必要性など、現地点検は迅速対応いたします。お気軽にご相談ください。

小規模な塗装工事の施工事例と参考価格の画像

塗装の塗り替え時期とサインについて

塗装の塗り替え時期

塗装の塗り替え時期は何年くらい?

現在、多くの建物に使用されている塗料は、ウレタン塗料もしくはシリコン塗料が大半です。

これら塗料の耐用(耐久)年数は、ウレタン塗料が8~10年でシリコン塗料では10~12年程度です。

 

塗装業界では、「塗装の塗り替え時期は10年が目安」というのが定義になっていますが、これは既存の建物に使用されている上記塗料の耐用年数の平均的数字だからです。

 

塗料の品質は年々向上していますので、上の数字を超える高品質な塗料も多く発売されています。

 

例えば、大手塗料メーカーのSK化研が2014年に開発したラジカル抑制塗料の「エスケープレミアムシリコン」を例にすると、塗り替え時期の目安となるメーカー期待耐用年数は14年~16年と長期に設定されています。

 

ラジカル抑制塗料の施工価格は、従来のシリコン塗料と大きく変わらないため、当店ではお客様各位にお勧めしています。

このことから、塗装業界でも「塗装の塗り替え時期は15年」というのが定義になっていくと思います。

思案中の人のイラスト
まずは簡単チェック!

塗装(塗膜)の劣化状況や工事の必要性については、塗装の専門業者でないと判断できませんが、専門業者に相談するべきかどうかで悩んでいる方のため、ご自宅で塗装の塗り替え時期の目安を判断できる簡単な方法をアドバイスしたいと思います。


「塗り替え時期の目安を自宅で簡単にチェック!」のテキスト画像

塗り替え時期の目安~1

住宅の写真と考える人

どんな塗料でも年数とともに劣化するという性質を持っていますので、機能の低下に伴い艶の減退などの塗り替え時期のサインが目立つようになってきます。

外壁などの塗装の艶がなくなってきたと感じたら、ご自宅でチェックしてみてください。

 

指や手のひらで外壁をこすると、指や手のひらに塗装の粉がつくことがあります。

この様な状態を「チョーキング現象」と言いますが、これは経年劣化により塗料の性能が著しく低下していることを示すものです。(防水機能・耐候性の低下)

劣化が進行する前に、塗装工事の必要性、塗り替え時期などお気軽にご相談ください。


外壁などの塗装面を軽くこすっただけで、指や手のひらにチョークのような粉がつけばチョーキング現象です

              

塗り替え時期のサイン>だと思ってください。

コンクリート壁のチョーキングの画像
コンクリート壁のチョーキング
カラーベスト屋根のチョーキング画像
カラーベスト屋根のチョーキング
サイディング外壁のチョーキングの写真
サイディングボードのチョーキング

 

塗装だけで解決できるの?

実際の状況を見てみなければ正確な判断はできませんが、上の画像のようにチョーキング現象だけが発生している状態なら、塗装塗り替え工事だけで充分解決できます。
ですが、外壁がひび割れていたり、破損してしまっているところは、塗装とは別にシーリングによる補修工事が必要です。

大切な建物の環境を整え、資産価値を安定させるためには、塗装の色あせや、チョーキング現象などの塗り替え時期のサインを見逃さないことが大切です。

塗り替え時期の目安~2

 

チョーキング現象を長期間放置してしまうと建物全体に<悪影響>が目立ち始めます。

 

●カビの発生  ●コケの繁殖

 

●塗装(塗膜)のひび割れ

 

●塗装面の(塗膜)の膨れ

 

●外壁のひび割れ  ●屋根のひび割れ

 

●外壁材の破損   ●屋根材の破損

 

●鉄部の錆(サビ)の発生

 

●外壁・屋根の色あせ・変色

 

●シーリング部分のひび割れ、欠落 

大切な建物を自然環境から保護している塗料ですが、塗料の耐用年数は一般的に8~12年ほどです。

耐用年数を過ぎた塗料の耐候性は著しく低下してしまいますので次第に建物に悪影響を及ぼします。 

※耐用年数8~12年は一般的なウレタン塗料やシリコン塗料の耐用年数です。

劣化した外壁と女性のイラスト

軒天に発生したカビの写真
軒天(天井)に発生したカビ
外壁のひび割れの写真
外壁のひび割れ
鉄部に発生したサビの写真
鉄部に発生したサビ
屋根に繁殖したコケの写真
カラーベスト屋根に繁殖したコケ
屋根がひび割れた写真
カラーベスト屋根のひび割れ
外壁の色あせとカビの写真
外壁の色あせとカビの発生
外壁のひび割れの写真
外壁のひび割れ
劣化した塗膜が剥離した写真
劣化した塗膜の剥離
外壁のシーリングがひび割れた写真
外壁シーリング部のひび割れ
外壁の塗膜が膨れた写真
劣化した外壁塗膜の膨れ
屋根が破損している写真
劣化した屋根の破損
外壁のシーリングが欠落した写真
外壁シーリング部の欠落

「塗装リフォームで解決できます」のイラスト画像
塗装リフォームのメリット!
上画像のような状態を放置し続けると、耐久性の低下や雨漏りなどの不安要素が増すだけでなく、塗装工事での解決が困難になる場合もあります。
外壁や屋根の張替えなど大規模な修繕工事が必要になれば、高額な費用が必要となりますし、工事期間も2~3ヶ月など長期間となる場合が通常です。
大規模な工事にが限らず近隣様のご理解は必要ですが、長期間の工事では近隣様への配慮期間も長くなってしまいます。
規模なリフォーム工事と比較すると、塗装塗り替え工事は施工価格が比較的安価ですし、工事期間も1か月以内が通常です。
外壁のひび割れや小規模な破損に対しても、塗装工事に付随したシーリング工事で対応いたします。
「痛みが激しいときはシーリング工事で解決」のテキスト画像

シーリング工事と塗装工事の関係について

下の画像で見られるようなひび割れや破損部分への対策は、シーリング工事が効果的です。

塗装工事に付随するシーリング工事は、塗装工程より先に行います。

シーリングの上から塗膜で保護することで、シーリングの経年劣化の心配がなくなります。

ひび割れや破損部に対しては、その部分を直接補修し、目地部分などは既存のシーリングを撤去したのち新たにシーリングを充てんするうち替え工事を行います。

シーリング工事~補修

【補修で解決】ひび割れ、破損を完全修復!

大規模な補修が必要のない外壁、屋根のひび割れや、小さな破損部に対しては、部分的にシーリング工事を行います。

小さなひび割れや破損を放置することによる、大規模な破損への進行を防ぐために入念なチェックを行い、どんな小さな破損も見逃さずに補修します。

 

シーリング工事後に塗装を行うことで、塗料の膜がシーリングへの保護膜となり経年劣化を防ぎます。

当店では、塗装工事に付随する少量のひび割れや、小さな破損部の補修はサービス施工しております。

シーリング補修の施工例と価格表示の写真

シーリング工事~打ち替え

【補修の種類】増し打ちと打ち替え!

ジョイント(目地部)のシーリング補修が必要な場合には、劣化の状況に合わせて施工方法を選択します。

例えば表面の色あせや微細なひび割れなど、軽度な状態なら既存のシーリングの上から、シーリング材を充てんする増し打ち工事が適切です。

 

一方、外壁との断裂、表面の著しい劣化が見られる場合には、既存のシーリングを撤去したのちに新たにシーリング材を打ち込む、打ち替え工事が適切です。

状況に応じた施工法を選択することが大切です。

シーリング打ち替えの施工例と価格表示の写真

ノンブリードタイプシーリング材の画像

シーリング工事を行った際は、シーリング材が完全に乾燥(硬化)するまで塗装作業を行わず、通常1~3日間の乾燥期間を確保します。(密着不良などの不具合を回避するため)

乾燥期間は、施工時期(季節)や補修範囲によって変動します。

使用するシーリングの種類によっては、塗装後1年ほどでブリード現象という汚染を引き起こしてしまいますので、塗装を前提としたシーリング材を使用します。

当店では、塗装を前提とした[NBタイプ]のシーリング材を使用しています。(以下リンク参照)

シーリング工事の作業風景
当店のこだわり
当店では塗装塗り替え工事による耐候性をより高めるために、塗装工事前のシーリング補修を堅実に行っております。

高品質施工とは外観だけを美しくするのではなく、劣化環境から建物を守るための機能性を回復させることです。

🔹塗料の性能と合わせ防水対策を重視することで、建物の耐久性が飛躍的に向上します。  

「実際の工事内容と選べる高品質プラン」のテキスト画像

塗装工事の流れ(高圧洗浄)

高圧洗浄の作業中の写真と説明文
塗装作業を行う前に高圧洗浄機を使用し、建物全体を水圧洗浄します。
劣化している旧塗膜(チョーキング)や建物に付着しているカビ・コケなどの汚れをすべて洗い流し、下地と塗料との密着性を高めるのが目的です。

高圧洗浄は通常1日間で完了し、その日の作業は終了します。

建物に残った水分が塗装作業の妨げになるので、季節や天候によっては1~2日間休工する場合もあります。

エンジン式の高圧洗浄機は、高い洗浄力がありますが若干の騒音が発生します。

塗装工事の流れ(乾燥)

乾燥時間のイラスト

塗装工事の作業においても工程間(下塗り→中塗り→上塗り)での乾燥時間を確保しながら作業を進めていきますが、使用する塗料の種類によって設定されている乾燥時間が異なります。

通常は、2~4時間後に塗り重ね可能となる塗料を使用しますので、施工面積によっては1日に2回塗りを行う場合もあります。

 

塗装塗り替え工事では乾燥時間を設けることが多くありますが、これは塗料の膜を塗り重ねることで塗料の厚み(塗膜)を確保し、耐久性と美観性を高めるのが目的です。

塗装工事の流れ(下塗り)

シーラー塗装の施工例と施工価格の写真
さび止め塗装の施工例と施工費用の写真

塗り替え工事を行う際には、外壁や屋根などの材質や旧塗膜の状態、また、使用する仕上げ用塗料に合わせて下塗り用の塗料を選択します。

サビの発生や進行を抑えるための”サビ止め塗料”、下地素材の吸い込みを抑え密着性を高めるためのシーラー”、粗面下地に使用する”フィーラー”などがあります。

外壁や屋根以外の塗り替え工事で施工箇所の状態が良好な場合(下記には、下塗り塗料を使用せずに仕上げ用の塗料を2度塗りで仕上げることも可能で、工事日数の短縮や工事費用の軽減にもつながります。

雨樋・軒天・雨戸・その他旧塗膜にチョーキング現象が見られない/サビが発生していない場合など。

区切り線

塗装工事の流れ(中塗り・上塗り)

中塗りと上塗りには同じ塗料を使用するのが通常です。同じ塗料を塗り重ねることで厚みを付けて耐候性と美観性を高めるのが目的です。

 

この場合、中塗り塗料が完全に乾燥(硬化)してから上塗り塗料を塗り重ねることが条件となりますが、近年使用されている塗料の大半は速乾性塗料ですので施工面積が少ない場合や、中塗り塗装が完了するタイミングによっては、同じ日に中塗り塗装と上塗り塗装の2工程を行うことも可能です。

 

外壁、屋根などは、下塗りを含めた3回塗り仕上げを行いますが、紫外線や雨・風の影響が比較的少ない軒天(天井)や、既製品としての耐久力が高い雨樋などは2回塗りで仕上げる場合がほとんどです。

 

塗装サイトなどでよく見かける、何が何でも3回塗りだという考え方ではなく、対象物の状態を見極めることが大切です。

必要のない工程で必要のない施工費を生んでしまっては本末転倒です。

塗料にはそれぞれ耐用年数が設定されていますし、年数とともに劣化するというのが塗料の性質です。

必要以上に塗り重ねたからと言って、その分耐用年数が長くなるということはありません。

使用する塗料の耐用年数を目安に、定期的な塗り替えを行うことで建物の耐久性を確保するのが塗装工事の仕組みです。

外壁塗装の工程のイラスト

工事日数の目安

塗装工事の作業内容の画像と工事日数の説明文

工事日数の目安は、建坪が30坪程度または外壁面積が100㎡の住宅の場合、20日間から1か月以内を目安としてお考え下さい。

 

外壁と付帯部の塗装工事全般と、足場工事、雨天休工日を合わせた全工事期間目安ですので、外壁だけしか塗装しない、付帯部だけしか塗装しないなど、施工面積によって期間は変動します。

 

塗料を塗り重ねて耐久性を確保するため、工程が多くなるのは塗装工事の特徴ですので、一定の日数をかけなければ耐用年数が実現できないということになります。

サッシなどの開口部を養生している間は、窓の開閉ができないなどのご不便を感じるかもわかりませんが、通常は外壁部分の塗装が完了すれば養生は撤去します。

 

 

塗料の種類と特性について

塗料の種類

塗料の樹脂別耐用年数と施工価格の比較画像
「高品質塗料を使用しています」のテキスト画像

以下のリンクから塗料の製品情報と耐用年数(耐久年数)がご覧いただけます。

塗料の特性

【水性塗料と油性塗料】どっちを選べばいいの? 品質や価格に大きな差はあるの? 

水性塗料の特性

水性塗料の特性としては、工事中の臭気がほとんど発生しないところにあります。

お客様や近隣住様に対して、臭気による不快感を与えることなく工事を行えるのも利点です。

そのため、住宅街などでは多く使用されています。

また、塗料の希釈にも水道水のみを使用するため環境にも優しい塗料というのも大きな魅力だといえます。

 

その反面、錆(サビ)の発生や進行が心配される金属系の下地に対しては不向きなため、金属系の下地には油性塗料を使用するのが一般的な施工方法となっています。

 

油性塗料の特性

油性塗料(弱溶剤)は下地を選ばずほとんどの材質に使用できますが、希釈剤にシンナーを使用しますので水性塗料と比べると若干の臭気があります。

 

その反面、錆(サビ)の発生が心配される金属系の下地に対しては、密着性、耐久性ともに良好ですのでトタン外壁や、折半屋根に積極的に使用します。

 

油性塗料には強溶剤と弱溶剤の2種類ありますが、強溶剤塗料は旧塗膜に悪影響を与える場合が多く、強烈な臭気が発生するため一般住宅で使用されることはほとんどありません。

 


水性塗料と油性塗料の耐用年数や施工費用の比較も気になるところですが、同じ樹脂成分の塗料であれば、品質、施工費用ともに等しく、耐用年数や費用面の比較には塗料に含まれている樹脂成分の違いを参考にします。

(代表的な樹脂成分➡アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素などがあり高価な塗料ほど耐用年数が長く設定されています)

 

過去には水性塗料より油性塗料のほうが長持ちするという見解もあったようですが、定義はなく、近年では各メーカーの開発技術の進歩によって、水性塗料と油性塗料の品質に差はないといえるでしょう。

ポイント
塗料選定のコツとしては、例えば最も劣化しやすい屋根にシリコン塗料を使用する場合、外壁にはシリコン塗料より少しランクを落としたウレタン塗料を使用するなど、劣化しやすい個所を優先して建物全体で耐用年数のバランスを整え、工事費用を抑えるといった方法もあります。

失敗しない塗装業者の選び方

業者選びのコツ

塗り替え工事を検討したときにどこの業者に工事を依頼しますか?

塗装工事の専門店以外でも、大手ハウスメーカーや訪問販売業者・リフォーム工事店やホームセンターなどでも塗装工事の依頼はできますが、どのような形態の業者に依頼するのかによって仕上がりや耐久性に大きな差が生じることもあります。

 

業者を選ぶ際には数社から相見積もりをとって、工事プランを比較検討して最良の業者を見つけてください。

 

相見積もりの際、業者ごとにおすすめのプランが異なると比較検討しにくいので、1社の見積り内容を基準にして同じ内容で複数見積りするのがおすすめです。

 

対応の迅速さや、わかりやすい資料の提出なども判断材料になると思いますが、実際に工事をする人間がどんな人間なのかということの方が大切な要素です。

 

信頼して工事を任せた人間が実際の施工現場に姿を見せない様では、工事の疑問や要望を伝えることができません。

 

複数の業者がかかわる下請けシステムを否定するつもりはありませんが、直営施工店の当店への依頼では目に見える安心感と高品質施工を直営価格でお届けできます。

外壁塗装の施工例とハギシン塗装の業務内容、お問い合わせ方法の画像

安心できる業者とは?

当店はわたくし自身が現役職人ですので、ご相談から現場下見、実際の施工、アフターフォローまでを一貫して行います。

「打ちあわせは営業マン」「施工は下請け職人」「トラブル時の責任は元請け会社?」などという、責任の所在がよくわからない施工体制ではありませんので、全責任をわたくし自身が受け止め、高品質施工をお客様にご提供することができます。

塗装を知り尽くした現役プロ職人だからできる高品質施工では、費用面でも中間マージンなどは発生しない直接取引価格です。

アパート塗装と代表者のpr画像

区切り線
「こんな不安ありませんか?お客様とのお約束!」のテキスト画像
住宅と家族の画像

相談を利用したいんだけど一度相談すると・・

                  

いきなり工事を勧められたりしないかしら?

       

しつこい営業電話が掛かってくるんじゃないかなぁ?

 

営業マンが何度も家に来るんじゃないかしら


区切り線
ハギシン塗装代表者の画像

ご相談いただいたからと言って当店から電話やメールで一方的に工事を提案したりお勧めすることは一切ございません。

 

また、ご相談後もお客様からのご要望もなく、ご自宅に伺っての訪問営業などは一切行っておりません。

                

ご相談・ご質問だけでもお気軽にお問い合わせください。 


当店からのお約束
当店は地域の皆様から直接工事を請け負い、施工からアフターフォローまでを一貫して行う自社施工店です。
契約だけを取り付ける営業利益型の経営方針ではありませんので、ご相談いただいたからと言ってこちらからしつこく勧誘したり、必要もなく無理に工事を勧めることは決してございません。

現地相談・お見積りについて

現地での無料相談またはお見積り依頼につきましては、お客様のご都合の良い日時をお申し付けください。

お電話またはメールで○○日○曜日○時と指定していただけましたら、ご希望に合わせてお伺いいたします。

 

※お問い合わせ当日につきましては、お伺いできない場合もございますのでご了承ください。

 

お電話・メールでのご相談にも迅速・丁寧に対応しておりますのでお気軽にご相談ください。

区切り線
お問い合わせの案内画像
お気軽にお問い合わせください。
施工エリアの地図の画像
施工エリア
津市(久居・河芸・一志・白山)松阪市(嬉野・三雲)  伊勢市・鳥羽市・志摩市・大台町・多気町・南伊勢町・鈴鹿市・四日市市・亀山市・桑名市・いなべ市・伊賀市(上野)・名張市、など三重県全域へ伺います。
選ばれる理由ページへのリンクバナー
料金ページへのリンクバナー
会社案内ページへのリンクバナー
お問い合わせページへのリンクバナー