木塀キシラデコール塗装の施工事例~三重県津市(久居)

三重県津市(久居)の、木塀キシラデコール塗装の施工事例を掲載しています。

仕上げ塗料は防虫・防腐・防カビ効果の定番ブランド”キシラデコール(油性)”を使用しています。

施工画像・工事価格と合わせて使用塗料の製品情報も掲載しています。

 

木塀のキシラデコール塗装

🏠施工前

木塀のキシラデコール塗装前

4~5年前にDIYで塗装されたということです。木材専用の浸透性塗料は、耐久年数5年以内の塗料がほとんどですので、塗り替え時期はベストタイミングです。

 

🏠施工後

木塀のキシラデコール施工後

今回は、木材専用の防虫防腐剤キシラデコールをご提案しました。防虫防腐効果では、評判の良い塗料です。劣化の程度が激しくないので2回塗り仕上げで施工します。

 


施工データ

塗料メーカー 大阪ガスケミカル(株)
使用塗料 キシラデコール
塗料名称 屋外木部用保護塗料
期待耐用年数  4~5年間
施工箇所 木塀
色調 #111(ウォルナット)
施工価格 8万5千円(税込み)
類似物件参考価格 8万円~10万円(税込み)

施工前の状況

旧塗膜が剥げて色あせた木塀

前回の塗装が全く残っていない状態ですが、劣化の程度は中程度で黒カビによる汚染と痩せが顕著です。
釘が抜け落ちてしまっているところもありますので、塗装前に打ち直してから施工開始です。

 


施工中の状況


清掃作業終了後の木塀

高圧洗浄を行うと木材の肌を荒らしてしまうので、下地の調整はサンドペーパー研磨と清掃にとどめておきます。

 

木塀周辺の養生工事施工中

洗い出しの基礎部分を汚さない様に、ビニールマスカーで養生を行います。

 


木塀のキシラデコール塗装施工中

浸透性の塗料は、塗り重ねのムラが出やすいので小面積ずつ塗装します。

 

キシラデコール塗装施工中の木塀

塗装前(左)と塗装後(右)の差がはっきりとわかります。

 

キシラデコールの中塗り塗装施工後の木塀

一回目の中塗りと二回目の上塗りは施工日を分けて行います。

 


施工完了


キシラデコールの上塗り塗装施工後の木塀

1回目の塗装が完全に乾燥後、2回目の塗装を行って完成です。
適切な時期の塗り替え工事でしたので、素材の劣化が低く抜群の仕上がりです。 

 

キシラデコールとカラーサンプルカタログ

一般的に、浸透性の塗料は塗膜形成型の塗料に比べ、紫外線の影響による劣化速度が早いので4~5年間隔での塗り替えをお勧めしています。

 


仕切り線
キシラデコールで塗装してあるウッドデッキ

ウッドデッキの塗装にも最適なキシラデコールです。

ウッドデッキの塗装については、形状、面積、劣化状態などで価格が変動いたしますので、詳細についてはお電話、メールでお気軽にお問い合わせください。


キシラデコール~製品情報

キシラデコールの製品情報(WEBカタログ)をご覧になる場合は、画像下のリンクボタンからご覧ください。

キシラデコール

木塀塗装に使用。

防虫防腐剤:キシラデコール