施工事例-13

三重県 三重郡川越町


外壁塗装・付帯部塗装

サイトメニュー

※
※
※

🏠施工前

塗装前の住宅の写真

約20年間、塗装の塗り替えを行っていなかったとのことで、外壁材の下地が透けて見えている状況でした。

防水機能は完全に失っています。

 

🏠施工後

塗装後の住宅の写真

塗装工事は通常3回塗りで仕上げますが、外壁の劣化が激しいため合計4回塗りで仕上げています。使用塗料はシリコンハイブリッド(ラジカル抑制)塗料です。

 


施工データ

塗料メーカー エスケー化研
使用塗料

エスケープレミアムシリコン

クリーンマイルドシリコン

施工箇所 外壁、雨戸、シャッター 他
色調

外壁 SR-103   付帯部 15-30B

参考価格 55万円~60万円

仮設足場の写真

作業用仮設足場と、飛散防止ネットの設置が完了しました。

設置工事は通常1日間で完了します。

 

施工前の状況

錆びたシャッターボックスの写真

雨の影響を受けにくいはずの、屋根直下のシャッターBOXの状況。錆の進行が激しい状況です。


浮きあっがた外壁の写真

旧塗膜が激しく劣化してしまったせいで、外壁を固定するための釘が、全く機能していません。

 

ひび割れた外壁の写真

強度を失った外壁の、打釘部やビス止め部の破損箇所が多く目立ちます。

 

破損した外壁の写真

明らかに雨水の侵入が疑われるような破損も見受けられます。


施工中の状況


高圧洗浄後の外壁の写真

外壁の劣化が激しかったので、既存塗膜は高圧洗浄でほぼすべて流れ落ちてしまいました。

 

補修後の外壁の写真

ひび割れの進行を防ぐために、どんな小さなひび割れも見逃さずに補修します。

 

補修後の外壁の写真

塗装作業を行う前に、破損部の補修を入念に行います。

この程度の小さな破損はシーリングで簡単に補修できます。


シーリング補修の写真

外壁とシャッターBOXの隙間もシーリング材でしっかり補修していきます。

 

錆止め塗装後のシャッターの写真

金属部には、油性エポキシ系のさび止め塗料を塗布します。

 

ビニール養生の写真

塗装しない部分にはビニールマスカーで養生しておきます。地面には布製シートを敷きます。


下塗り塗装中の外壁の写真

外壁の劣化が激しかったので、下塗り塗装は2回行いました。

これで耐久性は確保されます。

 

中塗り塗装中の外壁の写真

2回行った下塗り塗装のおかげで、中塗り塗装でしっかり着色できました。

 

上塗り塗装中の外壁の写真

中塗り塗装が完全に乾燥してから、上塗り塗装を行います。

通常、中塗り塗装と上塗り塗装は別日に行います。


塗装中のシャッターの写真

シャッターの中塗り作業中の様子です。

刷毛地ローラーを使って塗装していきます。

 

塗装後のシャッターの写真

雨戸(シャッター)もきれいに仕上がりました。

2液型の油性シリコン塗料は、美しい艶が特徴です。

 

塗装後のひさしの写真

付帯部の小庇も、色分けをして塗装すると美しい仕上がりになります。


施工完了

住宅塗装の完成写真

激しく劣化していた外壁や、サビの進行が進んでいた鉄部にもしっかりと塗膜がつき、美観性、防水機能を取り戻しました。

今回使用したシリコンハイブリッド塗料のメーカー期待耐用年数は15年間です。

コストパフォーマンス抜群の施工プランです。