外壁塗装の施工事例~三重県三重郡川越町

三重県三重郡川越町の、ガレージ兼住居の外壁及び付帯部塗装の施工事例を掲載しています。
外壁塗装には、超耐久低汚染タイプのラジカル塗料を使用しています。
ページ下部では、今回の工事で使用した塗料の製品情報をまとめてあります。参考にしてください。

ガレージ兼住居の外壁ラジカル塗装・付帯部シリコン塗装

🏠施工前
外壁塗装施工前の状況

約20年間塗装の塗り替えを行っていなかったとのことで、外壁材の下地が透けて見えるほどの劣化状況です。美観だけでなく防水機能は完全に失っています。

🏠施工後
外壁塗装施工後の状況

塗装塗り替え工事は通常3回塗りで仕上げますが、外壁の劣化が激しいため合計4回塗りで仕上げています。使用塗料は高耐久ラジカル塗料です。


施工データ

塗料メーカー エスケー化研(株)
使用塗料

エスケープレミアムシリコン

クリーンマイルドシリコン

塗料名称 超耐候形水性ハイブリッドシリコン樹脂塗料
期待耐用年数  14~16年
施工箇所 外壁、雨戸、シャッター 他
色調 外壁 SR-103   付帯部 15-30B
施工価格 71万5千円(税込み)
類似物件参考価格 70万円~75万円(税込み)

施工前の状況

シャッターの錆

1階倉庫入り口のシャッターに錆のような跡がありますが、これはボックス内から落ちてきた錆の鉄粉です。シャッター自体は経年による色あせが顕著な状態です。

激しく錆びているシャッターボックス

雨の影響を受けにくいはずの屋根直下のシャッターBOXの状況。放置すると錆がどんどん進行してしまいますので、下塗りには耐久性の高いエポキシ樹脂のさび止め塗料を塗布します。


釘が緩んで浮きあっがた外壁材

外壁材が固定用の釘を貫通し浮き上がっています。外壁塗膜の劣化が進行した際の顕著な例です。

外壁のひび割れ

外壁材の繋ぎ目周辺の破損が目立ちます。外壁の形状が保たれているように見えますが欠け落ちるのは時間の問題です。

小規模に破損した外壁材

外壁の一部が破損し欠け落ちています。破損の範囲が小さいのでシーリングで補修します。


施工中の状況


足場工事

外壁塗装用の足場工事施工中

工事初日の仮設足場設置の様子です。
出入り口のシャッター開閉に支障がないように、寸法を調整しながら組み立てていきます。

外壁塗装用の足場工事施工中

付帯部分の塗装も行いますので、建物の形状に合わせて足場板の高さを調整しています。
建物の周囲を囲むように設置することで足場の強度が安定します。


外壁塗装用の仮設足場設置完了

シャッター周辺の開口は広めに確保できました。
シャッターの塗装を行う際は、脚立を使用して作業します。

外壁塗装用の仮設足場設置完了

施工中の周囲への塗料飛散を防止するため、メッシュシートを隙間なく張り巡らしています。


高圧洗浄

ガレージ兼住居の外壁の圧洗浄施工中

高圧洗浄機の洗浄ガンには水圧調整ハンドルがついています。
片手で簡単に水圧調整ができるので、脆弱な外壁素材にダメージを与えないように丁寧に洗浄していきます。

高圧洗浄施工後の外壁

外壁の劣化が激しかったので、既存塗膜は高圧洗浄でほぼすべて流れ落ちてしまいました。
画像で見えているのは旧塗膜の色ではなく外壁材の素地です。


シーリング工事

外壁のひび割れのシーリング補修施工後

ひび割れ放置による不具合をなくすため、どんな小さなひび割れも見逃さずに補修します。
破損の範囲が大きくなると補修では対処できなくなります。

外壁の小規模破損部のシーリング補修施工後

塗装作業を行う前に破損部の補修を入念に行います。
この程度の破損ならシーリング補修で問題なく解決できます。
使用するシーリング材はノンブリード(NB)シーリングです。


シーリング施工後のブリード現象について

シーリング材には、ノンブリード(NB)タイプとそうでない製品がります。
ノンブリードタイプでないシーリング材の上に塗装すると、早い時期では塗装後1~2年後にはシーリング部の汚染が発生します。

ブリード現象はシーリング材と塗料の性質上の不具合ですが、塗装業者側にブリード現象の知識がないとそもそもブリード現象を回避することはできません。

シーリングのブリード現象で汚染された外壁

画像に見える黒ずんだ汚れがブリード現象による汚染です。
施工後に粘着成分(可塑剤/かそざい)がにじみ出て、その上にほこりや水アカが定着してしまいます。

 

3種類のメーカーのノンブリードタイプのシーリング材

製品ラベルに「ノンブリードタイプ」または「NB」という表記がされているのがノンブリードタイプのシーリング材です。


シーリング施工後の外壁

外壁とシャッターBOX接続部の隙間をシーリングで補修します。どちらも塗装しますが、マスキングテープで見切りのラインを作っています。

シーリング補修施工中

シーリングが硬化する前にマスキングを撤去します。このラインは塗装すれば気にならなくなりますが、工程すべての施工はできる限り丁寧に行っていきます。


鉄部の下塗り

錆止め塗装施工後のシャッター

シャッターにはエポキシ樹脂の錆止め塗料を下塗りして錆の発生と進行を抑制します。この状態で養生を貼り、中塗り・上塗りは外壁の塗装が終了してから塗装します。

養生工事

養生工事中のガレージ兼住居

塗装しない部分にはビニールマスカーで養生しておきます。
地面には布製シートを敷きます。


外壁塗装

外壁の下塗り塗装施工中

外壁の劣化が激しかったので、下塗り塗装は2回行いました。
外壁の劣化状態に応じて、最良の施工プランを提案いたします。

外壁の中塗り塗装施工中

2度の下塗りで下地が整っていますので、中塗り塗装でしっかり着色できています。上塗り塗装でさらに塗膜の厚みを確保します。


外壁の中塗り塗装施工中

外壁の塗装に限らず、細部や目地の塗装は刷毛を使って塗装し、広い面はローラーを使って塗装します。外壁の目地や部材周辺を刷毛で先行塗りしてからローラーで塗装している様子です。

外壁の上塗り塗装施工中

外壁の上塗り塗装中です。塗料は乾燥すると色が濃くなる性質ですので、同じ塗料を二度塗する際、塗忘れが起こることはありません。画像上側が中塗りで画像下側は上塗り塗装中です。


付帯部の塗装

中塗り塗装施工中のシャッター

シャッターの中塗り作業中の様子です。
細部の隙間は刷毛で塗装し、平面部はローラーを使って塗装していきます。
仕上げ塗料は速乾性ですが上塗りは後日行います。

上塗り塗装施工後のシャッター

1工程ごとに乾燥時間を確保することで、塗膜の層を重ねていきます。さび止め、中塗り、上塗りで3層の塗膜がつきます。
2液硬化型のシリコン塗料は、非汚染性とキメの細かい艶が特徴です。


水切り板金の塗装施工後

外壁下部の水切り板金は外壁と色分けして仕上げています。
あまり目につかない部分かもわかりませんが、外壁色と分けて塗装するとデザイン性が向上します。

上塗り塗装施工後の小庇

付帯部の小庇部分は上下で色分けをして塗装すると美しい仕上がりになります。同じ金属下地ですが、塗り分けすることでデザイン性が向上します。


塗装する前の木部

木部の塗装は劣化が激しく木材下地が露出しています。

木部の塗装中

木部の塗装は木材用防虫防腐剤キシラデコールで塗装します。

木部の塗装後

キシラデコールを2回塗りした様子です。しっかり着色され耐久性も安心です。


施工完了

外壁塗装施工完了建物正面の様子
付帯部塗装施工完了の様子

建物側面の外壁塗装完了の様子

外壁・鉄部が激しく劣化していましたが、下塗りの回数を増やしたり、錆止め塗装を行うことで劣化の進行を防ぐことができます。

建物裏面の外壁塗装完了の様子

今回使用したラジカル塗料の期待耐用年数は15年間です。ハイグレードのフッ素塗料には及びませんが、費用対効果に優れるおすすめプランです。


今回使用した下地補修材・塗料一覧~製品情報

今回の工事で使用した下地補修材と塗料の種類をまとめてあります。

製品情報(WEBカタログ)をご覧になる場合は、画像下のリンクボタンからご覧ください。

シーリング材

外壁破損部、目地補修に使用。

ノンブリードタイプのシーリング材

下塗り塗料

外壁の下塗りに使用。

下塗り塗料ミラクシーラーエコのカタログ

ラジカル塗料

外壁の仕上げ塗りに使用。

ラジカル塗料プレミアムシリコンのカタログ

さび止め塗料

鉄部の下塗りに使用。

さび止め塗料サビカットのカタログ

シリコン塗料

鉄部の仕上げ塗りに使用。

クリーンマイルドシリコンのカタログ