施工事例-18

三重県 紀伊長島町


日本瓦の吹き付け塗装

日本瓦(いぶし瓦)の塗装について

日本瓦の一つであるいぶし瓦は無釉瓦とも呼ばれる屋根瓦です。

瓦の寿命は40年から50年といわれ、とても耐久性の強い瓦なので塗装によるメンテナンスは必要ないというのが定義になっていますが、永久的な強度があるわけではありません。

今回の施工例は、新築時からの経過年数が40年ということもあり、経年劣化によるひび割れ、コケの繁殖、美観の低下が著しいことと、施主様のご要望により、将来に向けての耐久性を確保するために行いました。

 

使用塗料は、下塗りを使用しなくてもよい「いぶし瓦専用塗料」を使用しましたが、現地点検時の劣化状況を考慮し、あえて下塗り塗装を行いました。

 

サイトメニュー

※
※
※

🏠施工前

築40年近くの経過で耐久性がかなり低下し、瓦のひび割れや、ズレが著しい状態でした。

今回は、瓦の差し替えとシーリング瓦止めを行ったリフォーム屋さんからの依頼で、屋根全体の強度を高めるための吹き付け塗装を行います。

🏠施工後

補強材(シーリング)に仕上げ塗料を密着させるためエポキシ系の下塗りを塗布したのち吹き付け仕上げした瓦は、美観と耐候性を取り戻しました。

平屋の建物で周囲に隣接する建物がなかったので、ネット養生の足場を仮設せず施工できました。

 


施工データと作業状況

施工内容  高圧洗浄(コケ落とし)・塗装工事(吹き付け塗装)

施工箇所  瓦屋根(いぶし瓦)

使用塗料  ハイルーフマイルドシーラー(下塗り)/ハイルーフマイルドいぶし(上塗り)

色調      いぶし銀NO.3 

延べ床面積 約120㎡   費用目安  25万円~30万円

施工前の状況


日本瓦の補強工事の写真

依頼主のリフォーム屋さんによって瓦補強が完了した状態です。

高圧洗浄時の瓦のズレからの浸水と、作業移動時の瓦の割れを防ぐため、補強完了後に高圧洗浄を行います。

日本瓦に繁殖したコケの写真

全体的にコケの繁殖が見られましたが、北面は特に目立知ます。

コケの種類の寄っては非常に撤去しずらい苔もありますが、画像のような苔は高圧洗浄でしっかり撤去できます。


施工中の状況


高圧洗浄中の写真

高圧洗浄機を使用して丁寧にコケを落としていきます。

水圧調整器が手元についているので、隙間からの浸水に注意しながら慎重に作業を進めていきます。

高圧洗浄後の瓦の写真

画像のようにコケを撤去し、完全に瓦が乾燥したのちに塗装作業を行います。

作業時間は約6時間でした。


養生工事と手塗塗装の写真

塗装しない部分のビニール養生が終わったら、吹き付け塗装で塗装しにくい部分を手塗で塗装していきます。

塗装しているのは下塗り用のシーラーです。

瓦の下塗り塗装の写真

スプレーガンを使用してシーラーを吹き付けていきます。

この段階で瓦の吸い込みはなくなり、上塗り塗料との密着性がより一層高まります。


中塗り塗装中の瓦の写真

中塗り塗装中(左上)の状況です。

中塗リ塗料と上塗り塗料は同じ製品を使用します。

同じ性質の塗料を塗り重ねることで厚み(塗膜)を確保し、耐久性と耐候性を高めるのが目的です。

中塗り塗装後の瓦の写真

中塗り塗装が完了しました。

この段階で外観は仕上がったかのようになりますが、塗膜を確保するためにさらに同じ工程を作業します。


日本瓦の塗装完成写真

上塗り塗装が完了しました。

ほぼ無風状態の日を選んで吹付を行ったので、塗膜の厚みを十分確保できました。

鬼瓦の塗装写真

細部まで丁寧に塗装します。

細かい隙間などは刷毛を使用して手作業で塗装しました。

 


施工完了


お客様と塗装現場の写真

新築時から40年を迎え、老朽しきった日本瓦が新築時同様の美観を取り戻しました。

塗膜による耐水性もしっかり確保できたので、コケの繁殖被害や瓦の割れといった心配もなくなりました。

お客様から安心と喜びの声をいただけたことが、何よりもうれしい現場でした。