屋根塗装の施工事例~三重県紀伊長島町

三重県紀伊長島町で日本瓦の吹き付け塗装を行いました。今回の物件は平屋の建物で住宅密集地域でないため、塗料飛散防止用の仮設足場は設置せず施工することができました。

日本瓦(いぶし瓦)の吹き付け塗装-油性シリコン塗料

日本瓦の塗装について

日本瓦の一つであるいぶし瓦は無釉瓦とも呼ばれる屋根瓦です。

その寿命は40年から50年と言われています。非常に耐久性の強い瓦なので塗装によるメンテナンスは必要ないというのが定義になっていますが、永久的な強度があるわけではありません。

今回の施工例は、新築から約40年経過しており、経年劣化によるひび割れでの耐久性の低下・コケの繁殖による美観の低下が著しい状態です。強度の高い日本瓦(いぶし瓦)ですが、施主様のご要望は将来に向けての耐久性が不安、耐久性を向上させたいというご意向です。

使用した塗料は、メーカー標準仕様では下塗り工程の必要がない「いぶし瓦専用塗料」ですが、瓦の劣化状態が激しいことと、下塗り塗装に一定の強度を期待できるということから、工程を追加した3工程で塗装しました。

 

🏠施工前

三重県紀伊長島町:日本瓦吹き付け塗装施工前

新設から約40年の経過で、さすがにひび割れ箇所や瓦のズレが大丈夫というわけにはいきません。耐久性に不安がないという判断はできない状態です。
今回の塗装は、リフォーム屋さんからの依頼ですが、塗装と別途工事で、割れた瓦の差し替えと瓦止めシーリングを施工済みとなっています。当店に依頼された吹き付け塗装は、耐久性と美観の向上が目的です。

🏠施工後

三重県紀伊長島町:日本瓦吹き付け塗装施工後

補強材(シーリング)に仕上げ塗料を密着させるためエポキシ系の下塗り塗料を塗布。瓦色としての銀黒色は吹き付け塗装で仕上げるのが通常です。刷毛で塗装すると塗りムラが顕著なのがメタリック系の特徴です。
平屋の建物で周囲に隣接する建物がなかったので、ネット養生のための足場を設置せず施工できました。


施工データ

塗料メーカー 大同塗料株式会社
使用塗料 ハイルーフマイルドシーラー

ハイルーフマイルドいぶし

塗料名称 弱溶剤2液型シリコンアクリル樹脂系塗料
期待耐用年数 6~8年
施工箇所 屋根瓦
施工価格 22万円5千円(税込み)
類似物件参考価格 22万円~25万円(税込み)

施工前の状況


日本瓦の補強シーリング工事施工後

リフォーム屋さん施工の瓦補強が完了した状態です。瓦ズレ防止のためのシーリング充てん箇所と通気のための隙間を残しています瓦止めシーリングは、屋根の通気循環を確保しながら、屋根全体を連結する工法です。

 

日本瓦に繁殖したコケ

コケの繁殖が広範囲に見られましたが、日照条件の悪い北面が特に顕著な常用です。
コケの種類によっては、高圧洗浄で除去しずらい場合もありますが、画像のようなコケは比較的簡単に除去できます。

 


施工中の状況


高圧洗浄

日本瓦の高圧洗浄施工中

高圧洗浄機を使用して丁寧にコケを落としていきます。
洗浄ガンには、水圧調整機能がついているので、瓦の隙間から屋根裏に浸水しないように慎重に作業します。

 

日本瓦の高圧洗浄施工後

画像(右側)のようにコケを完全に除去し、瓦が乾燥したのちに塗装作業を行います。翌日以降の工程です。
コケの繁殖が多かったこともあり、高圧洗浄にかかった時間は約6時間でした。


下塗り

日本瓦の下塗り刷毛塗装施工中

非塗装部のビニール養生が終わったら、吹き付け塗装が困難な細部を手塗りで先行塗りしていきます。
塗装しているのは下塗り用のシーラーという塗料です。

日本瓦の下塗り吹付塗装施工中

スプレーガンを使用してシーラーを吹き付けていきます。
下塗りのメリットは、瓦の吸い込み防止、塗料の密着向上、耐久性・美観性の向上など多くあります。


日本瓦の下塗り塗装施工前と施工後の比較

下塗り塗装前と塗装直後の比較です。
塗装直後の下塗り塗料は濡れた感じですが、瓦の吸い込みと同時に湿った感じに落ち着いていきます。

 

日本瓦の下塗り塗装施工完了

下塗り塗装後は画像の様に湿った感じで収まります。
瓦の吸い込みが止まった状態で、表層面にはシーラーの塗膜が密着しているベストな状態です。

 


中塗り

日本瓦の下塗り塗装前と塗装直後の比較

下塗り翌日に中塗り塗装の途中経過です。
下塗り塗装で瓦の吸い込みが止まっているので、中塗り塗装の段階で完全に着色します。
上塗り塗装を重ねると、中塗り完了時よりさらに艶度がアップします。

 

日本瓦の中塗り塗装施工中

中塗り塗装中の状況です。(画像上部)
中塗り塗料と上塗り塗料は同じ塗料を使用します。
同じ性質の塗料を塗り重ねることで塗膜の厚みを確保し、耐久性と美観を高めるのが目的です。

 


日本瓦の中塗り塗装施工後

中塗り塗装が完了した状態です。
この工程で、瓦は完全に着色されますが、後日上塗り塗装を行うことでさらに艶度が増します。今回は下塗りと合わせて3層の塗膜がつきますので耐候性が大きく期待できます。


上塗り

日本瓦の上塗り塗装施工後

上塗り塗装完了後の様子です。
瓦止めシーリングの上にもしっかり塗膜が密着します。シリコンシーラントは、塗料がはじきますので、塗装を前提とする場合、変性シリコンを使用するのが鉄則です。
 

日本瓦の鬼瓦部分の塗装完了

鬼瓦の細部まで丁寧に塗装します。
細かい隙間などは手間を惜しまず、絵画用の筆を使用して塗装しました。刷毛で塗装した箇所も吹き付け塗装しますので、津不漁は十分確保できます。


施工完了


日本瓦の吹き付け塗装施工完了

新築から40年。老朽化の激しかった日本瓦が美観と耐久を取り戻しました。耐久性に優れる日本瓦ですが、ある程度の老朽が見られる場合は、瓦止めシーリングや塗装工事で耐久性を向上することができます。
日本瓦専用塗料が開発されたことで、瓦の葺き替え以外に塗装工事という選択肢が増えました。


今回使用した塗料一覧~製品情報

今回の工事で使用した塗料の種類をまとめてあります。

製品情報(WEBカタログ)をご覧になる場合は、画像下のリンクボタンからご覧ください。

屋根用塗料(下塗り)

日本瓦の下塗りに使用。

ハイルーフマイルドシーラーのカタログ

屋根用塗料(上塗り)

日本瓦の仕上げ塗りに使用。

ハイルーフマイルドいぶしのカタログ