施工事例-20

三重県 津市

外壁塗装(波トタン外壁)

サイトメニュー

※
※
※

🏠施工前

塗装工事前のトタン外壁

経年劣化によるさびの発生がひく区、美観を損なってしまっています。

これ以上さびが進行すると、建物内への雨漏りの可能性も出てきます。

🏠施工後

塗装工事後のトタン外壁

さび止め塗料を塗装後、シリコン塗料を2回塗装して合計3回塗りで仕上げました。

美観性、耐久性ともによみがえり、お客様には大変満足していただけました。

 


施工データ

施工内容  塗装工事

施工箇所  外壁(波トタン)

使用塗料  サビカット(さび止め)・クリーンマイルドシリコン

色調      外壁ーSR422 

延べ床面積 約55平方メートル   施工費用 13万3千円

塗装工事対象の建物全体の写真

建物の高さが4メートルほどですので、脚立を使用して作業します。

今回の塗装工事は東面(画像)と西面の2面のみの塗装塗り替え工事となります。

 施工前の状況

塗装工事前の波トタンの拡大画像

外壁の拡大画像です。

これ以上さびが進行すると、トタンが破損(穴)してしまいますので、塗装では修復できなくなります。(外壁張替)


仕切り線

 施工中の状況

さびを落とすための研磨材の写真

さび落とし専用の研磨材を使用します。

トタン外壁を研磨している様子

手作業で丁寧にさびを落としていきます。


外壁の錆止め研磨前と研磨後の比較写真

塗装前の研磨の良しあしが美観性と耐久性に大きく影響します。

表面のさびは時間をかけて徹底的に除去します。

トタン外壁に錆止め塗料を刷毛で塗装している様子

研磨作業が完了後さび止め塗料を塗布していきます。

波トタンはローラーを使わずに刷毛で塗装します。


トタン外壁の隅を小さな刷毛で塗装している様子

外壁の隅は、塗り残しがないように小さな刷毛を使用しています。

地面を塗料で汚さないようにビニールや布で養生しています。

外壁の高所を作業するための脚立足場の設置の様子

今回の現場では周囲の敷地が比較的広かったので、脚立足場で作業できましたが、立地環境によっては単管足場の設置が必要となります。(単管足場には別途費用がかかります)


トタン外壁の錆止め塗装完了の写真

さび止め塗装が完了しました。

使用しているさび止め塗料は、エポキシ樹脂という種類で耐久性に優れます。

トタン外壁のシリコン中塗り塗装の様子

さび止め塗料が完全に乾いたら、中塗り塗装を行います。

中塗り塗装と上塗り塗装には同じシリコン塗料を使用して塗膜の厚みを確保していきます。


トタン外壁の中塗リ塗装が完了した様子

中塗り塗装が完了しました。

中塗り塗装が完全に乾燥してから、仕上げの上塗りを行います。

トタン外壁に上塗り塗装を行っている様子

上塗りの塗装中です。画像ではわかりにくいですが、塗料は性質上乾燥すると色が濃くなるので、上塗りの際は中塗り後と、上塗り中の違いがはっきり分かります。塗残しの心配はありません。


仕切り線

 施工完了

トタン外壁の上塗り完了の写真

外壁塗装が完了しました。

今回使用したシリコン塗料は、近年主流となっている塗料です。

メーカー(エスケー化研)が開示している期待耐用年数は、12年~15年です。

 

外壁塗装施工完了後の写真

トタン波板の外壁塗装の施工事例を紹介させていただきました。

塗装面積が比較的小面積なので、施工日数は4日間(実働)です。