施工事例-16

三重県 鈴鹿市


外壁塗装・木部・鉄部塗装

サイトメニュー

※
※
※

🏠施工前

塗装工事前の住宅の画像

外壁のチョーキング現象に加えて、戸箱板金部や破風板など、経年劣化による色あせが目立ちます。

 

🏠施工後

塗装工事後の住宅の画像

色調は、施主様のご要望で既存に近い色を選択しています。色あせを考慮して既存より若干濃い目の色をお勧めしました。


施工データ

塗料メーカー 日本ペイント
エスケー化研
使用塗料 水性シリコンセラUV
クリーンマイルドシリコン 
施工箇所 外壁、破風板、雨樋、戸箱、雨戸 他
色調 外壁 ND-152   付帯部 15-30B
参考価格 60万円~65万円

塗装足場を設置した住宅の写真

作業用仮設足場の設置工事と飛散防止用ネットの設置作業が完了しました。

足場設置工事は通常1日間で完了します。

 

施工前の状況

破損した外壁の写真

外壁の劣化が顕著で、外壁が激しく破損しています。

別途左官工事を依頼すると高額費用が発生してしまうので、当店でシーリングによる補修工事を行います。


塗装のはがれた破風板の写真

破風板(木部)の旧塗膜は、完全に剥がれ落ちてしまい、下地がむき出しになっています。

 

色あせた戸袋の写真

戸箱板金はチョーキング現象に加え、小規模ですが錆の発生が見受けられます。

 

色あせた小庇の写真

小庇の上部は色あせが激しいものの、錆の発生は見られませんでした。


施工中の状況


シーリング補修後の外壁の写真

塗装工事に使用するシーリング材はノンブリード(NB)シーリングです。

ノンブリードでないシーリングを使用すると、塗装後早い段階でシーリング部に汚染が発生してしまいます。

 

補修後に塗装した外壁の写真

シーリング補修の上から塗装を行った状態です。

多少の補修跡は見受けられますが、耐久性と防水機能は十分確保できています。

 


NBタイプシーリングの画像
※

さび止め塗装後の雨戸の写真

戸箱板金には、エポキシ系さび止め塗料を塗布して、錆の発生と進行を抑制します。

形状の段差が深い場合は、後たれを考慮してスプレーガンで塗装する場合も多くあります。

今回は、スプレーガン仕上げを選択しています。

 

シリコン塗装仕上げの雨戸の写真

さび止め塗装乾燥後、2液型の油性シリコン塗料を2回吹き付けして仕上げています。

段差の具合によっては、ローラーで塗装する場合もあります。


吹き付け仕上げ後の雨戸の写真

雨戸と戸箱は同じ色調で塗装しました。

スプレーガンは作業手間がかかりますが、仕上がりは抜群です。

 

外壁以外の付帯部の塗装写真

外壁塗装を行う際に、戸箱や雨樋などの付帯部を一緒に塗装するとで、建物全体の耐久バランスが整います。

 

塗装作業中の住宅の写真

破風板・小庇・雨樋を濃い目の茶色で統一することで、メリハリのある仕上がりになっています。

 

 

 

外壁塗装完了後の住宅の写真

今回外壁に使用した塗料は、施主様のご要望でシリコンセラUV(日本ペイント)です。

当店推奨メーカーはSK化研ですが、ご希望がございましたらご遠慮なくお申し付けください。

 


仮設足場解体中の住宅の写真

工事完了後、お客様に仕上がりをチェックしてもらい、足場解体の許可をもらってからの解体作業となります。

 

 

仮設足場解体後の住宅の写真

周囲の安全を確保しながら、足場の解体作業が終了しました。

足場の解体作業も通常1日以内で完了します。


施工完了


外壁塗装完了後の住宅の写真

施主様のご希望通り、既存の落ち着いた雰囲気を再現できました。

外壁にはUVシリコンと塗料。付帯部に耐久性の高い2液型油性シリコン塗料を使用することで、防水機能と美観性の回復に大成功しました。