施工事例-16

三重県 鈴鹿市


外壁塗装・木部・鉄部塗装

サイトメニュー

※
※
※

🏠施工前

塗装工事前の住宅の画像

外壁のチョーキング現象に加えて、戸袋などの鉄部や破風板などの木部、雨どいなど全体的に色あせが目立ちます。

🏠施工後

塗装工事後の住宅の画像

既存の雰囲気での仕上がりをご希望でしたので、色あせを考慮して若干濃い目のカラーを意識して、既存の雰囲気に近づけました。


施工データと作業状況

施工内容  足場工事・塗装工事・シーリング部分補修

施工箇所  外壁・雨どい・戸袋・雨戸・庇(ひさし)その他

使用塗料  水性シリコンセラUV/クリーンマイルドシリコン(油性)

色調      外壁ーND152 木部・雨どいー15-30B

延べ床面積 約30坪   費用目安  60万円~65万円

塗装足場を設置した住宅の写真

通常は1日間で、足場の仮設工事と飛散防止用ネットの設置作業が完了します。

施工前の状況

破損した外壁の写真

塗膜の劣化が進行し、外壁が激しく破損しています。

左官工事による補修を行うと追加費用が発生してしまうので、当店でシーリングによる補修工事を行います。


塗装のはがれた破風板の写真

破風板(木部)の塗装は完全に剥がれ落ちてしまっている状態です。

色あせた戸袋の写真

戸袋(鉄部)はチョーキング現象に加え、小規模ですがサビも発生しています。

色あせた小庇の写真

小庇の上部は色あせが激しいものの、サビの発生は見られませんでした。


施工中の状況


シーリング補修後の外壁の写真

塗装後の変色の心配のない【NBタイプ】シーリング材で、外壁の破損部補修を行いました。

NBタイプシーリング材は塗装後の変色が起こりません。

補修後に塗装した外壁の写真

シーリング補修の上から塗装を行った状態です。

多少の補修の跡は見受けられますが、耐久性と防水機能はしっかり確保できました。


さび止め塗装後の雨戸の写真

戸袋(鉄部)にはさび止め塗料を塗装して、さびの発生と進行を抑制します。

段差があるので後だれを考慮してスプレーガンで塗装しました。

シリコン塗装仕上げの雨戸の写真

さび止めの乾燥後、シリコン塗料を2回吹き付けして仕上げます。

画像のような段差のある形状の場合、刷毛塗りではきれいに仕上がらないので、スプレーガンで仕上げます。


吹き付け仕上げ後の雨戸の写真

雨戸と戸袋は同じ色調で吹き付け塗装しました。

段差の付いている雨戸などは吹き付けできれいに仕上げます。

外壁以外の付帯部の塗装写真

外壁塗装を行う際に、戸袋や雨どいなどの付帯部を一緒に塗装するとで、建物全体の耐久バランスが整います。

塗装作業中の住宅の写真

破風板・小庇・雨どいを濃い目の茶色で揃えることで、メリハリのある仕上がりになっています。

外壁塗装完了後の住宅の写真

外壁には耐紫外線硬化の高い水性シリコンセラUVを使用しましたので、長期間の美観の確保が期待できます。


仮設足場解体中の住宅の写真

工事完了後、お客様に仕上がりをチェックしてもらい、足場解体の許可をもらってからの解体作業となります。

仮設足場解体後の住宅の写真

周囲の安全を確保しながら、足場の解体作業が終了しました。

足場の解体作業も通常1日間以内で終了します。


施工完了


外壁塗装完了後の住宅の写真

お客様のご希望通り、既存の落ち着いた雰囲気を再現でき、外壁・付帯部ともに耐久性の高いシリコン塗料を使用することで、防水機能と美観性の回復にも大成功しました。