外壁塗装の施工事例~三重県鈴鹿市

三重県鈴鹿市の戸建て住宅外壁塗装及び付帯部塗装の施工事例を掲載しています。
外壁には耐紫外線水性シリコン塗料を使用し、雨戸、雨樋、木部などの付帯部には油性シリコン塗料を使用して全体の耐久バランスを整えています。下地調整工事では、外壁破損部のシーリング補修の様子も掲載しています。

ページ下部では、今回の工事で使用した塗料の製品情報をまとめてあります。参考にしてください。

戸建て住宅|外壁及び付帯部のシリコン塗装

🏠施工前
三重県鈴鹿市外壁塗装-施工前の状況

外壁のチョーキング現象と雨樋 戸箱板金、破風板など、付帯部分全体の色あせが目立ちます。

🏠施工後
三重県鈴鹿市外壁塗装-施工後の状況

外壁の色調は、施主様のご要望で既存に近いベージュ系を選択しています。経年による色あせを考慮して現状より若干濃い目の色を提案しました。


施工データ

塗料メーカー 日本ペイント(株)
エスケー化研(株)
使用塗料 水性シリコンセラUV (外壁)
クリーンマイルドシリコン (付帯部)
塗料名称 1液性反応硬化形セラミック変性シリコン塗料
期待耐用年数  12~15年
施工箇所 外壁、破風板、雨樋、戸箱、雨戸 他
色調 外壁 ND-152   付帯部 15-30B
施工価格 59万8千円(税込み)
類似物件参考価格 55万円~60万円(税込み)

施工前の状況

戸建て住宅外壁のチョーキング現象

外壁の状態は経年劣化による色あせとチョーキング現象が顕著です。画像では色あせの状態がわかりにくいですが、色あせムラになっています。

戸建て住宅外壁の破損状況

モルタル外壁は部分的に破損の激しい箇所があります。
左官工事による修復を依頼すると別途費用が発生してしまうので、当店がシーリング材で補修工事を行います。


住宅付帯部破風板塗装施工前

破風板に塗装されている旧塗膜は、完全に剥がれ落ちてしまい、木材の下地がむき出しになっています。

住宅付帯部戸箱塗装施工前

戸箱板金はチョーキング現象と、小規模ですが錆の発生が見受けられます。

住宅付帯部小庇板金塗装施工前

小庇板金の上部は色あせが顕著ですが、錆の発生は見られませんでした。


施工中の状況


足場工事

戸建て住宅の外壁塗装用の足場設置工事の様子

工事の初日は仮設足場の設置工事です。
金属製の打ち込み式足場を使用する際の金属音が発生しますので、工事着工前の近隣挨拶の際、丁寧に説明してご了解を得ます。

外壁塗装用仮設足場設置完了

作業用仮設足場と飛散防止用ネットの設置工事が完了しました。
足場工事は通常1日間で完了します。


高圧洗浄

戸建て住宅外壁高圧洗浄施工中

高圧洗浄機を使用して、旧塗膜、コケ、水アカなどの汚染を徹底的に洗浄しています。

住宅敷地内に設置した高圧洗浄機

エンジン式の高圧洗浄機は非常に高い洗浄力がありますが、施工中は若干の騒音が発生します。


シーリング工事

外壁破損部シーリング補修施工後

塗装する部分に使用するシーリング材はノンブリード(NB)タイプのシーリング材です。
ノンブリードでないシーリング材で施工すると、塗装後1~2年に補修部が汚染されてしまいます。
汚染の原因は、シーリング材に含まれる可塑剤(かそざい)が塗膜表面ににじみ出るブリード現象によるものです。

外壁破損部シーリング補修部塗装施工後

シーリング補修の上から塗装を行った状態です。
多少の補修跡は残りますが、耐久性と防水機能は十分確保できています。当店が使用するシーリング材はノンブリードタイプなので、ブリード現象による汚染の発生はありません。


ブリード現象によって汚染された外壁

塗装工事の際は、ブリード現象を起こさないために、ノンブリードシーリングでの施工が鉄則です。

ノンブリードタイプはパッケージにNBまたはノンブリードと記載されていますので、塗装業者側にブリード現象に対する知識があれば材料の選択に何ら問題はありません。

ノンブリード(NB)タイプシーリング材のパッケージ

外壁塗装、付帯部塗装

戸建て住宅の外壁塗装作業中の開口部養生の風景

外壁の塗装を行う際は、サッシなど塗装しない部分を汚さないようにビニールや布シートで養生を行います。
外壁の塗装が終了した時点で開口部の養生は速やかに撤去し付帯部の塗装へ進みます。


住宅付帯部戸箱板金錆止め塗装施工後

戸箱の板金部には、エポキシ系さび止め塗料を塗布して、錆の発生と進行を抑制します。
段差の深い形状の場合は、ローラー塗装による塗料の後ダレを考慮してスプレーガンで塗装する場合もあります。今回はスプレーガン塗装を選択しています。

住宅付帯部戸箱板金塗装施工中

さび止め塗装乾燥後、2液硬化型のシリコン塗料を2~3回吹き付けして仕上げます。
ローラーで塗装した場合も、吹き付けで塗装した場合も、耐久年数は同じです。


住宅付帯部戸箱板金塗装施工後

雨戸と戸箱は同じ色調で塗装しました。
スプレーガンの塗装はローラー塗装より作業手間がかかりますが、仕上がりは抜群です。

住宅付帯部塗装施工後

破風板・小庇・雨樋など付帯部を濃い茶色で統一しています。外壁色とはっきり色分けすることで、メリハリのある仕上がりになっています。


戸建て住宅外壁塗装、付帯部塗装施工後

外壁塗装を行う際は、戸箱や雨樋などの付帯部の塗装も行っておくと、建物全体の耐久バランスが整います。

戸建て住宅外壁塗装、付帯部塗装施工後

今回外壁に使用した塗料は、施主様のご要望で日本ペイントのシリコンセラUVを使用しました。
当店推奨の塗料メーカーはエスケー化研ですが、ご希望のメーカーがございましたらお申し付けください。


足場工事(解体)

戸建て住宅の外壁塗装用仮設足場の解体工事の様子

塗装工事完了後、施主様に仕上がりを確認してもらい、足場解体の許可を頂きます。施主様の許可が頂けたのち、足場業者に解体作業を依頼します。

仮設足場解体工事施工後

仮設足場の解体工事が終了しました。
足場の解体作業は通常1日以内で終了します。


施工完了


三重県鈴鹿市外壁塗装-施工後の戸建て住宅

外壁には耐紫外線効果のあるUVシリコン塗料を使用。木部、鉄部などの付帯部には高耐候性の2液硬化型シリコン塗料を使用しました。

三重県鈴鹿市外壁塗装-施工後の戸建て住宅

施主様のご要望通り周囲の景観にマッチした色調に仕上がりました。工事ご依頼ありがとうございました。


今回使用した下地補修材・塗料一覧~製品情報

今回の工事で使用した下地補修材と塗料の種類をまとめてあります。

製品情報(WEBカタログ)をご覧になる場合は、画像下のリンクボタンからご覧ください。

シーリング材

外壁破損部、ひび割れ補修に使用。

ノンブリードシーリング材POSシールマルチ

 さび止め塗料

鉄部の下塗りに使用。

さび止め塗料マイルドサビガードのカタログ

下塗り塗料

外壁の下塗りに使用。

水性ミラクシーラーエコのカタログ

 シリコン塗料

木部、鉄部の仕上げ塗りに使用。

クリーンマイルドシリコンのカタログ

 シリコンUV塗料

外壁の仕上げ塗りに使用。

水性シリコンセラUVのカタログ