施工事例-17

三重県 津市


外壁・付帯部塗装その他

サイトメニュー

※
※
※

🏠施工前

塗装施工前の住宅の写真

外壁の色あせとブロック塀の汚染が顕著です。

その他、軒天、雨どい、戸袋などの付帯部の塗装も同時に塗り替えとのご依頼です。

🏠施工後

塗装施工後の住宅の写真

外壁、ブロック塀、付帯部とも、既存の色調より若干濃い目の色調で塗装しました。

塗料はすべてシリコン塗料を使用しています。


施工データ

65施工内容  足場工事・塗装工事・天井板張替え(大工工事)・モルタル基礎補修(左官工事)

施工箇所  外壁・雨どい・戸袋・雨戸・ブロック塀、その他

使用塗料  SK水性プレミアムシリコン/クリーンマイルドシリコン(油性)/キシラデコール(防虫防腐剤)

色調      外壁ーSR169 戸袋、雨どいー15-30B 軒天(木部)チーク色

延べ床面積 約30坪   費用目安  65万円~70万円

塗装工用の足場を設置した住宅の写真

塗装工事用の足場を設置完了。

通常は1日で足場設置が完了します。

 施工前の状況

塗装工事前のブロック塀の画像

ブロック塀の塗膜の劣化が顕著で、色あせ、水アカ汚染、ひび割れが発生しています。


塗装前の外壁の画像

外壁の塗膜は劣化し、色あせとチョーキングが目立ちます。

塗装前の戸袋の画像

戸袋(鉄部)は色あせが目ちますが、錆の発生は小規模です。

塗装前の雨戸の画像

蛇腹式雨戸は、激しく劣化していて変色が目立ちます。


塗装前の軒天の画像

軒天(木部)の塗装は完全に劣化し、色あせ、色ムラが目立ちます。

補修前のモルタル基礎の画像

基礎部分が一部破損していたので、こちらは、左官屋さんに補修してもらいます。

補修前の玄関天井の画像

玄関の天井の破損部分は、大工さんに張替えを依頼しました。


 施工中の状況

高圧洗浄中の外壁の画像

高圧洗浄機を使用して、旧塗膜、水アカ、カビなどをすべて洗い流していきます。

ブロック塀のシーリング補修後の画像

ブロック塀のひび割れが目立っていたので、NBタイプシーリングにて補修を行いました。 NBタイプシーリングの詳細は~こちら


外壁の下地調整前の画像

外壁の一部に塗膜の浮きが発生していたので、部分的に撤去し下地調整を行っていきます。(浮いている部分をすべて撤去後の画像)

外壁の下地調整後の画像

シーリング補修後に高弾性フィラーで、パターン(模様)付けし、できる限り既存の状態に近づけました。


鉄部の錆止め塗装中の画像

鉄部は細部まで全て、さび止め塗料を塗装していきます。

戸袋と小庇と雨どいの塗装写真

形状が複雑な戸袋のみ、スプレーガンを使用しています。


軒天塗装中の画像

軒天にキシラデコールを塗装していきます。(1回目塗装中)

軒天塗装官僚の画像

キシラデコールを2回塗装して耐久性を確保します。


外壁の下塗り塗装中の画像

外壁の下塗り(フィラー)塗装中です。

外壁の中塗り塗装中の画像

下塗り乾燥後に、中塗り塗装を行っていきます。(右)

上塗り塗装中の画像

中塗乾燥後に上塗りを行っていきます。


今回の工事は外壁すべてを塗装しますので、作業員2名で、1日目に下塗り、2日目に中塗り、3日目に上塗り塗装を行いました。

塗装する面積が少ない場合には、1日で2工程(下塗り、中塗り)を行う場合もありますが、下塗り塗装が完全に乾燥(硬化)していることが条件となります。

ブロック塀の下塗り塗装中の画像

ブロック塀の下塗り(フィラー)後です。

ブロック塀の中塗り塗装中の画像

ブロック塀も外壁と同じように下塗り乾燥後に、中塗り塗装を行っていきます。

ブロック塀の上塗り塗装中の画像

中塗り乾燥後に上塗り塗装を行います。


戸袋塗装完成の画像

戸袋はスプレーガン3回仕上げです。

雨戸の塗装完了後の画像

雨戸はローラー3回塗り仕上げです。

板金屋根の塗装完了後の画像

板金屋根もローラー3回塗り仕上げです。


水切り塗装完成の画像

水切り板金塗装後。

雨どいの塗装完了後の画像

雨どいは耐久性の高い塩ビ製なので、2回塗りで仕上げました。

外壁の塗装完了後の画像

色あせてしまっていた外壁が、美しくよみがえりました。


足場解体中の画像

足場の必要な住宅本体が仕上がったら、施主様に仕上がりを確認、了解後に、仮設足場を解体します。

足場解体後にブロック塀を仕上げて塗装工事の完成となります。

ブロック塀の塗装完了後の画像

ブロック塀は住宅本体よりも濃い目の色調で仕上げ、メリハリをつけています。


 施工完了

塗装工事完了後の住宅の写真

お客様のご希望通り、ご近所様との景観のバランスに配慮した落ち着きのある色調に仕上がりました。

 

形状の複雑な戸袋以外は、すべて手塗リ(刷毛、ローラー)で丁寧に施工しました。

 

塗料はすべてシリコン塗料を使用していますので、高耐久、長寿命をお約束できる施工となりました


 付帯工事(軒天の張替え)

軒天張替え中の画像

破損していた玄関ポーチの天井は、知り合いの大工さんに張替え工事をお願いしました。

ブロック塀の塗装完了後の画像

やはりその道のプロに依頼したおかげで、仕上がりは抜群です。


 付帯工事(モルタル基礎修復)

モルタル基礎の補修後の画像

激しく破損していたモルタル基礎部分も、専門職の左官屋さんにお願いした結果、新設時同様に仕上がりました。

塗装工事以外の工事について

 

今回の工事では塗装工事以外に、玄関ポーチの天井の破損と、モルタル基礎部分の破損についても修復工事のご相談をいただきましたので、当店で一括してお引き受けしました。

 

今回のように塗装工事に付帯した修復工事に対しても、できる限りお力になれるよう努めておりますので、お気軽にご相談いただければと思います。