外壁塗装の施工事例~三重県津市(久居)

三重県津市久居にて、戸建て住宅の外壁及び付帯部塗装、ブロック塀の塗装工事を行いました。施工中の画像を使って工事の流れをわかりやすく解説しています。

ページ下部では、今回使用した塗料の製品情報をまとめてあります。参考にしてください。

外壁ラジカル塗装・付帯部シリコン塗装・木部キシラデコール塗装

🏠施工前
三重県津市久居:外壁、付帯部塗装施工前

外壁、ブロック塀とも色あせと汚染が顕著です。
今回の物件では、軒天、雨樋など付帯部全般の塗装も行います。軒天は防虫防腐剤キシラデコール塗装。外壁・ブロック塀は高耐久ラジカル塗装です。

🏠施工後
三重県津市久居:外壁、付帯部塗装施工後

外壁、ブロック塀、付帯部とも、既存の色調より若干濃い目の色調で塗装しました。
外壁とブロック塀の色調は、同系色で色替えして塗り分けました。


施工データ

塗料メーカー エスケー化研(株)
大阪ガスケミカル(株)
使用塗料 エスケープレミアムシリコン
クリーンマイルドシリコン
キシラデコール
塗料名称  超耐候形水性ハイブリッドシリコン樹脂塗料
期待耐用年数  14~16年
施工箇所 外壁、軒天、雨樋、戸箱、雨戸、ブロック塀 他
色調 外壁 SR-169  付帯部 15-30B 軒天 チーク色
施工価格 61万9千円(税込み)
類似物件参考価格 60万円~65万円(税込み)

住宅ブロック塀塗装施工前

ブロック塀の色あせと汚染が顕著です。ひび割れ(クラック)の発生個所も多く旧塗膜の耐候性は著しく低下しています。

戸建て住宅外壁塗装施工前

外壁の状態は色あせとチョーキング現象が顕著です。元の色は完全に退色してしまい塗膜の機能は働いていません。


住宅付帯部戸箱板金塗装施工前

戸箱板金は色あせが顕著です。錆の発生は見られませんが劣化が激しいので、さび止め塗装を含め3回塗りで仕上げます。 

住宅付帯部雨戸塗装施工前

蛇腹式雨戸の色あせも顕著です。こちらも戸箱と同じく3回塗りで仕上げます。


住宅付帯部軒天塗装施工前

軒天は旧塗膜の劣化が激しく、かろうじて色が残っている程度です。

モルタル基礎補修工事施工前

基礎部分が一部破損しているので、こちらは知り合いの左官屋さんに補修工事を依頼しました。

住宅付帯部天井張替ぇ施工前

玄関ポーチの天井部分は、大工さんに張替え工事を依頼しました。


施工中の状況


足場工事

戸建て住宅の外壁塗装工事-仮設足場施工中

工事1日目は塗装工事用の仮設足場設置工事です。足場工事は通常1日で終了します。

戸建て住宅外壁塗装工事-仮設足場施工完了

仮設足場の設置後、飛散防止用のメッシュシートを張ります。隣接が駐車場なので隙間からの塗料飛散に特に注意が必要です。


高圧洗浄、下地処理

住宅ブロック塀高圧洗浄施工中

エンジン式の高圧洗浄機を使用して、旧塗膜、水アカ、コケなどの汚染を徹底的に除去していきます。洗浄の程度が仕上がりの耐久に反映しますので入念に行います。

ブロック塀のひび割れシーリング補修施工後

ブロック塀のひび割れ部分のシーリング補修完了。
塗装工事で使用するシーリング材は、ブリード現象による汚染を発生させないノンブリード(NB)タイプのシーリング材を使用しています。ブリード現象については以下で解説しています。


シーリング工事とブリード現象

ブリード現象によって汚染された外壁

上の画像はブリード現象による汚染です。
ノンブリードでないシーリングで施工した場合、早い時期では1~2年後には黒ずんだように汚染されてしまいます。
ブリード現象は、シーリング材に含まれる可塑剤(かそざい)と塗膜が反応して起こる現象です。
ブリード現象を抑制するためのシーリング材が可塑剤を含まないノンブリード(NB)タイプです。

シーリングメーカー各社からは、塗装を前提としたノンブリードタイプのシーリング材が発売されています。

塗料販売店で入手できますが、まずは塗装業者側にブリード現象の知識が必要です。

シャープ化学工業株式会社のノンブリードシーリング


画像クリックでシャープ化学工業(株)ノンブリードシーリングの製品情報がご覧いただけます。

セメダイン株式会社のノンブリードシーリング


画像クリックでセメダイン(株)ノンブリードシーリングの製品情報がご覧いただけます。

コニシボンド株式会社のノンブリードシーリング


画像クリックでコニシボンド(株)ノンブリードシーリングの製品情報がご覧いただけます。

サンスター技研株式会社のノンブリードシーリング


画像クリックでサンスター技研(株)ノンブリードシーリングの製品情報がご覧いただけます。

 


住宅外壁の破損部補修施工前

外壁の一部に塗膜の浮きが発生していたので、部分的に撤去し下地調整を行っていきます。(浮いている部分をすべて撤去後の画像)

マスチックローラーで模様付け補修

シーリング補修後にフィーラーという下地調整塗材で模様を作って、できる限り既存の模様に近づけました。


マスチックローラー

外壁の部分補修などで既存の模様に合わせたいときは、画像例の特殊なローラーを使うと便利です。
外壁やブロック塀にゆず肌模様のデザイン塗装をする際使用する「マスチックローラー/気泡ローラー」ですが、粘度の高い下地調整塗材をこのローラーで塗布すると、ゆず肌状の模様を作ることができます。
補修塗りの場合、完全に既存模様に戻すことはできませんが平面塗りと比べると仕上がりの違和感はなくなります。


下塗り

住宅付帯部鉄部のさび止め塗装施工中

鉄部には、付着性、耐候性に優れるエポキシ樹脂のさび止め塗料を選択しています。

住宅付帯部戸箱板金の吹き付け塗装施工中

形状が複雑な戸箱板金は塗装後の後ダレを考慮し、スプレーガンで吹き付け塗装を行います。


住宅外壁の下塗り塗装施工中

外壁の下塗りにはフィーラーを塗布していきます。模様付けのフィーラーより若干粘度の低い製品です。
下地が良好な場合は、シーラーという下塗り塗料を使用しますが、今回は劣化が顕著なので厚膜タイプのフィーラーを選択しました。


中塗り、上塗り

住宅外壁の中塗り塗装施工中

下塗り乾燥後に中塗り塗装を行っていきます。通常は下塗り塗装を行った後日に中塗り塗装を行います。

上塗り塗装中の画像

中塗り乾燥後に上塗りを行っていきます。中塗り塗装と同じく、上塗り塗装も中塗り塗装の後日に行います。


今回の工事は外壁すべてを塗装しますので、作業員2名で、1日目に下塗り、2日目に中塗り、3日目に上塗り塗装を行いました。
塗装する面積が少ない場合には、1日で2工程(下塗り、中塗り)を行う場合もありますが、下塗り塗装が完全に乾燥(硬化)していることが条件となります。

付帯部の塗装

ブロック塀の下塗り塗装施工後

ブロック塀の下塗り完了後の様子です。下塗りは外壁と同じくフィーラーを塗布しています。

住宅ブロック塀の中塗り塗装施工中

ブロック塀も外壁と同じ工程で、下塗り塗装乾燥後(後日)に、中塗り塗装を行っていきます。

住宅ブロック塀の上塗り塗装施工中

中塗り塗装乾燥後の上塗り塗装中の様子です。中塗りと上塗りは同じ塗料です。


付帯部軒天のキシラデコール塗装中

軒天にキシラデコールを塗布していきます。(1回目塗装中)

住宅付帯部軒天の上塗り塗装施工後

キシラデコールの塗装完了。1日1工程1回塗りで、2回塗りで仕上げます。


住宅付帯部戸箱板金の上塗り塗装施工後

画像の様に段差が激しい戸箱板金は、車両塗装用のスプレーガンで吹き付け塗装を行います。

住宅付帯部雨戸塗装施工後

蛇腹式雨戸はさび止め塗装を含め、ローラー3回塗りで仕上げました。

板金屋根の上塗り塗装施工後

玄関ポーチ上部の板金屋根もローラー3回塗り仕上げです。


住宅付帯部水切り板金の上塗り塗装施工後

水切り板金に外壁より濃い色を選択するとメリハリがついてが引き締まりのあるデザインになります。

住宅付帯部雨樋の上塗り塗装施工後

雨樋は耐久性の高い塩ビ製品なので、2回塗りで仕上げました。
激しく劣化していなければ、1回塗りでも問題ありません。

住宅外壁の上塗り塗装施工後

経年劣化で色あせてしまっていた外壁が美しくよみがえりました。
耐用年数15年のラジカル塗料を使用しています。


塗装工事用足場解体工事施工中

足場の必要な住居部分が完成後、施主様に仕上がりを確認してもらい、解体許可をいただきます。
後日足場を解体し、建物外周のブロック塀を仕上げてすべての工事が完了です。

住宅ブロック塀の上塗り塗装施工後

ブロック塀は住居よりもワントーン濃い目の色調で仕上げ、メリハリをつけています。


施工完了


三重県津市-外壁塗装施工後の住宅とブロック塀
三重県津市-外壁塗装施工後の外壁

三重県津市-塗装工事施工後の住宅付帯部
三重県津市-塗装工事施工後のブロック塀

三重県津市-塗装工事施工後の住宅とブロック塀
三重県津市-塗装工事施工後の戸建て住宅

関連工事(外注工事)

玄関ポーチ天井張替え


住宅玄関ポーチ天井の張替え工事施工中

破損していた玄関ポーチの天井は、知り合いの大工さんに張替え工事をお願いしました。

住宅玄関ポーチ天井張替え施工後

玄関ポーチの天井張替え工事は1日間で終了しました。


モルタル基礎補修工事


モルタル基礎の修復工事施工完了

激しく破損していたモルタル基礎が、新築時同様に修復できました。基礎部分の修復工事は1日間で終了しました。

塗装工事以外の付帯工事について

今回の工事では塗装工事以外に、玄関ポーチの天井の破損と、モルタル基礎部分の破損についても修復工事のご相談をいただきましたので、当店で一括してお引き受けしました。

今回の様に塗装工事に付随した工事に対しても、できる限りお力になれるよう努めておりますので、お気軽にご相談いただければと思います。


今回使用した下地補修材・塗料一覧~製品情報

今回の工事で使用した下地補修材と塗料の種類をまとめてあります。

製品情報(WEBカタログ)をご覧になる場合は、画像下のリンクボタンからご覧ください。

シーリング材

クラック補修に使用。

POSシールマルチ

下地調整塗材

外壁の下塗りに使用。

水性サーフエポのカタログ

さび止め塗料

鉄部の下塗りに使用。

さび止め塗料サビカットのカタログ

ラジカル塗料

外壁の仕上げ塗りに使用。

ラジカル塗料プレミアムシリコンのカタログ

シリコン塗料

鉄部、雨樋の仕上げ塗りに使用。

シリコン塗料クリーンマイルドシリコンのカタログ

キシラデコール(防虫防腐剤)

木部の仕上げ塗りに使用。

防虫防腐剤キシラデコール

下地調整塗材

外壁の模様付け補修に使用。

水性ソフトサーフSGのカタログ