外壁塗装の施工事例~三重県津市

三重県津市の2階建てアパート外壁塗装・付帯部塗装の施工事例を掲載しています。

外壁と鉄部には、フッ素樹脂塗料を使用し抜群の耐久性と低汚染を実現しています。塗装事例と合わせて外壁ジョイント目地のシーリング工事、軒先破損部のシーリング補修など付帯工事の事例も掲載しています。

ページ下部では、今回使用した塗料の種類と用途をまとめてあります。

 

アパートの外壁及び付帯部のフッ素塗装

🏠施工前

三重県津市:アパートの外壁塗装施工前

前回の塗り替えから13年ほど経過しており、外壁、鉄部の劣化が目立っていました。
階段鉄部の劣化は顕著で、広範囲に錆が発生している状況です。

 

🏠施工後

三重県津市:アパートの外壁塗装施工後

見積りご依頼時の施主様のご要望で、外壁、付帯部ともフッ素塗料で仕上げています。
雨樋のみ2回塗りで、外壁、鉄部の塗装は、すべて3回塗りで仕上げました。

 


施工データ

塗料メーカー エスケー化研(株)
使用塗料

水性セラタイトF

クリーンマイルドフッソ

塗料名称 超低汚染型水性ふっ素樹脂塗料
期待耐用年数 15~20年
施工箇所 外壁 昇降用外部階段 パラペット 雨樋 雨戸 他
色調 外壁 SR-113 階段、雨樋・雨戸 15-30B
施工価格 69万7千円(税込み)
類似物件参考価格 65万円~70万円(税込み)

施工前の状況

塗装工事施工前の鼻隠し

鼻隠しの一部が破損しています。板金業者さんに修繕を依頼すると高額な追加費用が発生するので、当店でシーリング補修を行って施工費を軽減します。

 

塗装工事施工前の外壁目地

外壁目地のシーリングがひび割れているように見えますが、旧塗膜の表面がひび割れているだけです。既存シーリングの状態は良好なので、この上からシーリングの増し打ちを行います。

 


塗装工事施工前のアパートの外壁

外壁の状態は、色あせとチョーキングが目立ちますが、塗膜の剥がれなどは見受けられません。

 

塗装工事施工前の雨戸

雨戸の状態は、全体の色あせと、画像ではわからないと思いますが、部分的に旧塗膜の剥がれが見られます。

 


塗装工事施工前の階段裏面

階段裏面は広範囲に錆が発生しています。高圧洗浄だけでは下地が整わないと思われるので、手作業でケレン作業を行います。

 

塗装工事施工前の階段踊り場裏面

階段踊り場の裏面は、特に激しく劣化しています。腐食によって穴の開いている箇所もあります。こちらも手作業でのケレン作業が必要です。

 


施工中の状況


足場工事

塗装工事用の仮設足場設置後

塗装工事用の仮設足場設置の様子です。

今回の物件は、一般住宅より少し大きめのアパートですが仮設足場の設置工事は1日間で完了しました。


高圧洗浄

外壁の高圧洗浄施工中

高圧洗浄機を使用して、外壁の汚れ(コケ、水アカ)と旧塗膜のチョーキングを洗浄していきます。

 

階段の高圧洗浄

高圧洗浄機を使えば、階段の踏み板に蓄積されたコケ、水アカなどの汚染も簡単に洗浄することができます。

 


高圧洗浄後の階段

高圧洗浄機で劣化している旧塗膜はほとんど除去できますが、除去しきれない部分は手作業で落とします。(見積り書の項目はケレン工事です)

 

塗装工事の現場に設置した高圧洗浄機

エンジン式の高圧洗浄機は、高水圧で高い洗浄力がありますが、施工中は若干の騒音が発生します。足場工事や高圧洗浄での騒音は避けられませんので、工事着工前の近隣挨拶の際きちんと説明し、近隣様から了解をいただきます。

 


ケレン作業、シーリング工事

手作業でのケレン作業画像

高圧洗浄で落とし切れなかった旧塗膜を手作業で落としていきます。

 

外壁目地のシーリング画像

外壁材や既存シーリング部など、ひび割れが発生しているところは、シーリング材で増し打ち補修します。

 

シーリング工事の完成画像

マスキングテープでラインを作ってきれいに施工しますが、外壁塗装後は、このラインは気にならなくなります。

 


破損した鼻隠しのシーリング補修施工前

激しい破損個所が1か所だけなので、サービス施工でシーリング補修を行います。

破損面積が広く(激しく)当店で修復が行えない場合は、外注業者に依頼することになりますので、別途料金が必要となります。

破損した鼻隠しのシーリング補修後

板金工事に比べると不格好ですが、この上から塗装すれば耐候性には何ら問題はありません。同色なので補修後も目立ちません。

補修、増し打ちに使用するシーリング材は、ブリード現象による汚染の発生が起こらないノンブリードタイプを使用します


ブリード現象について

ブリード現象によって汚染された外壁

画像内の黒ずんだ筋状の跡

ブリード現象は、シーリング材に含まれる可塑剤(かそざい)が塗料に反応して起こる現象ですが、ブリードを起こさないノンブリードタイプのシーリング材を使用することでこの現象は回避できます。


ノンブリードタイプのシーリング材

ノンブリードタイプのシーリング材は、商品にノンブリードまたはNBタイプと記載されています。塗装工事に使用する際は必ずノンブリードシーリングを選択します。

ノンブリードタイプでないシーリング材でも塗装可能なシーリング材はありますが、そのようなシーリング材を使用すると施工後早い時期では1~2年後にブリード現象で汚染されてしまいますので注意が必要です。


養生、下塗り

塗装工事前の養生工事施工後

サッシなどの塗装しない部分は、あらかじめビニールで養生しておきます。養生期間中は、窓の開閉ができないなどのご不便をおかけしますが、外壁塗装が仕上がった時点で養生の大半を撤去します。
付帯部の仕上げは外壁塗装後に行う場合が多いです。

 

階段鉄部の下塗り塗装施工中

階段鉄部の下塗り塗装の様子です。塗料は付着性、耐久性に優れるエポキシ樹脂のさび止め塗料を使用します。今回は、茶系色仕上げなので色が載りやすい赤さび色を使用しますが、淡色仕上げに適した白色、グレー色の錆止め塗料もあります。

 


雨戸の錆止め塗装施工中

金属製雨戸の錆止め塗装中です。建物の密集や近隣車両の有無など立地環境にもよりますが、複雑な形状の雨戸は、作業効率、仕上がりを考慮してスプレーガンで塗装することもあります。

 

階段鉄部の下塗り塗装施工後

階段鉄部のさび止め塗装が完了した様子です。
速乾性の塗料を使用していますが、塗装直後に触れると手や衣服が汚れてしまうので、塗装前に住民様に声掛けをしておきます。

 


外壁の下塗り塗装施工中

外壁に下塗り塗装を塗布している様子です。

白色の部分が下塗り材です。今回使用する下塗り材は、下地調整塗材という材料で、厚膜タイプです。粗面下地に適しています。

 

外壁の下塗り塗装施工後

下塗り塗装後の外壁です。

完全に乾燥(硬化)させたのちに、中塗り塗装・上塗り塗装へと進めていきます。

 


中塗り、上塗り

外壁の中塗り塗装施工中

こちらは外壁の中塗り塗装中の様子です。下塗り材が完全に乾燥してから塗装します。通常1日1工程を行いますので、下塗りの後日に中塗りを行います。

 

外壁の上塗り塗装施工中

中塗りが完全に乾燥したのち、上塗り塗装を行います。
上塗りも中塗り塗装の後日に行うのが通常です。

 

外壁の上塗り塗装施工後

外壁の上塗り塗装が完了した様子です。
上塗りが完全に乾いたら速やかに養生ビニールを撤去し、付帯部塗装へ進みます。

 


階段鉄部の中塗り塗装施工中

さび止め乾燥後、外階鉄部の中塗り塗装中です。刷毛で縁周りを塗装し、広い面はローラーで塗装します。

 

階段鉄部の上塗り塗装施工中

中塗り塗装の乾燥後(後日)に上塗り塗装を行います。さび止め、中塗り、上塗りで3層の塗膜が確保できます。

 

階段鉄部の塗装完了後

延べ3日間、合計3回塗りで昇降用階段を仕上げました。エポキシ系さび止めとフッ素塗料の組み合わせで耐久性、美観性とも抜群の仕上がりです。

 


階段踏板裏面の塗装工事施工後

全面に錆が発生していた階段の裏面も、3回塗りの塗装でこの通り美しく仕上がります。

 

階段踊り場上裏面の塗装工事施工後

最も激しく傷んでいた踊り場裏面も、階段の裏面と同じく美しく仕上がりました。

 


付帯部の塗装

雨戸の中塗り塗装施工中

金属製の雨戸に中塗り塗装を吹き付けています。
周囲への塗料の飛散を防ぐために、ビニールマスカーを幅広く貼って養生してあります。

 

雨戸の上塗り塗装施工中

雨戸の上塗り塗装吹付中です。

中塗り塗装が完全に乾燥してから仕上げの上塗り塗装を行います。

 

雨戸の上塗り塗装施工後

車両塗装用のスプレーガンで仕上げるので、吹きムラもなくとても美しく仕上がります。

 


雨樋の下塗り塗装施工中

雨樋の1回目の塗装中です。雨樋は仕上げ用塗料を2回塗りで仕上げます。

 

雨樋の上塗り塗装施工後

雨樋の塗装完了後です。雨どいは、耐久性の高い塩ビ製品なので2回塗りで充分長持ちします。

 

ガス管の塗装施工後

ガス管など、細かな部分はサービス施工で塗装します。

 


付帯部の上塗り塗装施工後

軒天(天井)、外周パラペット、鼻隠しなどの付帯部も、すべて3回塗りで仕上げています。

 

外壁塗装の施工後

今回使用したフッ素塗料は、耐用年数20年を誇る最高級レベルの塗料です。
外壁には水性フッ素塗料、付帯部には油性フッ素塗料を使用しています。きめ細かい粒子の輝きと抜群の非汚染性が特徴です。

 


施工完了


アパートの塗装工事完了後
アパートの塗装工事完了後

今回お任せいただいた建物は、一般住宅より少し大きめのアパートです。仕上がり色は既存に近い色で周囲の景観にマッチした色調に仕上がりました。

お見積り依頼のお問い合わせ当初から、使用する塗料はフッ素塗料というオーナー様のご要望がありましたので、その他プランの提案はせずに外壁、付帯部とも全箇所をフッ素塗料で施工させていただきました。

フッ素塗料は非常に高機能な塗料なので、シリコン塗料、ラジカル塗料と比較すると施工費は高額となりますが、耐用年数が20年間と長期に設定されているのでメンテナンス周期を長く確保できるのが大きな利点です。


今回使用した下地補修材・塗料一覧~製品情報

今回の工事で使用した下地補修材と塗料の種類をまとめてあります。

製品情報(WEBカタログ)をご覧になる場合は、画像下のリンクボタンからご覧ください。

シーリング材

破損部補修、目地増し打ちに使用。

POSシールマルチ

さび止め塗料

鉄部の下塗りに使用。

さび止め塗料マイルドサビガード

下地調整塗材

外壁の下塗りに使用。

サーフエポプレミアムのカタログ

フッソ塗料(油性)

鉄部、付帯部の仕上げ塗りに使用。

クリーンマイルドフッソのカタログ

フッソ塗料(水性)

外壁の仕上げ塗りに使用。

水性セラタイトFのカタログ