水性セラタイトF(ふっ素)|2液硬化型超低汚染水性フッ素樹脂塗料

外壁塗装用塗料水性セラタイとフッ素の製品と用途・名称

  • 外壁塗装/金属・木材は不可
  • 付帯部塗装/軒天ボードなど
  • 水性塗料
  • 2液硬化型
    (清水・硬化剤と希釈して使用)
  • 耐用年数目安:15~20年
  • メーカー:エスケー化研(株)

水性セラタイトFは、数ある建築塗料の中でも最高峰グレードのフッ素樹脂塗料です。耐久性、耐候性、美観性ともにトップクラスの性能を誇る2液硬化型の塗料です。また水性タイプの塗料なので、環境にやさしいという点も大きな魅力です。
「外壁の塗装にはとにかく高品質な塗料を使いたい!」そんなお客様におすすめの塗料です。

超低汚染塗膜とセルフクリーニング効果

フッ素塗料を含む樹脂塗料(有機塗料)は、外壁用・屋根用とそれぞれ用途が分けられているのが通常です。さらに清水で希釈する水性タイプと、シンナーで希釈する油性タイプに分かれます。水性セラタイトFは外壁用水性フッ素塗料です。

フッ素樹脂の特徴の一つが超低汚染性です。フッ素樹脂は非常に細かい粒子で構成されているため密度が高く、塗膜層の表面がとても滑らかな仕上がりになります。高密度で緻密な塗膜は強靭な保護層となり、汚れが定着しにくくなります。

また、フッ素樹脂は親水性という性質を持ちます。水と親しいと書くように、通常の樹脂と比較してフッ素樹脂の塗膜は水と相性が良いです。水となじみやすい性質と汚れが定着しにくい塗膜層がセルフクリーニング効果を生み出します。

セルフクリーニングとは、外壁に雨などの水分が接触した瞬間、水が汚れと塗膜の隙間に入り込み汚れを浮かして洗い流す効果です。汚れの上から洗い流すのではなく、汚れと塗膜の間に水が入り込み自然に流れ落ちる仕組みがセルフクリーニングです。

防カビ・防藻のメカニズム

超低汚染性の塗膜は、カビや藻などの微生物汚染にも高い抵抗性があります。チリやホコリと異なり、カビ菌や藻は放置してしまうと繁殖、増生していきます。

水性セラタイトFの緻密な塗膜は、超低汚染・セルフクリーニング機能に加えて、塗膜表面に発生する静電気を低減する機能もあります。大気中のチリ、ホコリなどの汚染物質だけでなく、カビや藻等の定着を抑制し繁殖を制御する効果もあります。

塗膜表面の静電気低減で汚れがつきにくく、高密度の塗膜形成がさらに汚れを定着しにくくし、わずかに付着した汚れは親水機能で雨水と一緒に流れ落ちるというトリプル機能はフッ素樹脂ならではのメカニズムです。

水性セラタイトFの汚染除去のメカニズムを解説しているイラスト

高い安全性と低臭性で環境に配慮

水性セラタイトFは、完全水性施工システムで塗装します。水性フッ素塗料の下塗り材に用いる塗材は、水性シーラー、水性サフェーサーのどちらかが通常ですので、塗装工程はすべて引火性のない水性塗料(塗材)で安全に施工できます。

また、下塗り材を含め水性塗料はほとんど臭気を発しませんので、工事期間中の近隣様への配慮に大きく貢献します。全く臭いがしない塗料はありませんので無臭ではありませんが、不快感を感じるような強いにおいは発生しません。水性システム(低臭性)は施工現場から地球環境まで配慮した安全設計です。

超低汚染を実現するセラミック複合技術

水性セラタイトFのセラミック複合技術を解説しているイラスト

水性セラタイトFの超低汚染性は、建築塗料なのかでもトップレベルですが、塗膜の耐久性も見逃せません。
ウレタン、シリコン、フッ素などの樹脂と比較するべきかどうか疑問ですが、耐候性の高さでは無機塗料というものがあります。
無機塗料の特徴は、無機化合物で構成される固い塗膜です。塗膜の中の無機物質の割合が通常の有機塗料より多いので、塗料樹脂の苦手な紫外線に対する耐候性は抜群だといわれます。

耐紫外線では上位の無機塗料ですが、塗膜自体が固いので一定以上の振動に弱い(割れやすい)という弱点があります。さらに無機物は塗膜を強靭にする目的で樹脂に配合されますが、単体では付着力がなく樹脂と一体となって初めて塗料という製品になるので、その耐候性は配合される樹脂の品質に依存せざるを得ません。

水性セラタイトFは、主要構成成分にフッ素樹脂を採用し、耐候性を高めるために一定量の無機成分を配合していますので、汚れに強くて美観長持ち。強靭な塗膜で長期間の耐久を実現しています。

フッ素樹脂塗料の価格帯

フッ素塗料の価格は塗料の中でも最も高額な位置づけとなります。塗装プランの価格に影響するのは塗料の仕入れ代金ですが、フッ素塗料に仕入れ値はシリコン・ラジカルの3.5~4倍ほどが平均の差額となります。

近年主流のシリコン塗装やラジカル塗装では工事費用に大きな差はありませんが、フッ素塗装を外壁・屋根・付帯部分のすべてで行うとどうしても工事費用は高額になってしまいます。

劣化頻度が最も高い屋根や、雨漏りに影響する外壁にフッ素塗装を選択し、付帯部にはシリコン塗装・ラジカル塗装を選択するなど塗装プランを工夫するというのもおすすめのやり方です。

水性セラタイトFの製品情報

一般名称 超低汚染型水性ふっ素樹脂塗料
主要構成成分 ふっ素樹脂
用途

各種乾式ボード、コンクリート、セメントモルタル、スレート板、ALCパネル、旧塗膜など

艶の種類  艶有り、半艶、3分艶、
期待耐用年数 15~20年
希釈 清水
色調 カタログ22色(標準色)
ホルムアルデヒド放散等級 F☆☆☆☆
カタログPDF

>水性セラタイトF