外壁塗装の施工事例~三重県津市

 

三重県津市にて行った、戸建て住宅の外壁塗装(フレキシブルボード)施工事例を掲載しています。

屋根は定期的に塗り替えが必要なカラーベスト(薄型スレート)ですが、数年前(約3年)に他業者にて塗り替えを行っているとのことです。今回は、外壁及び雨樋や雨戸など付帯部全般の塗り替え工事依頼です。

外壁にはフッ素樹脂塗料、軒天には防カビ塗料、その他付帯部にはシリコン樹脂塗料を使用しています。

ページ下部では、今回の工事で使用した塗料の種類と特徴をまとめてありますので参考にしてください。

 

戸建て住宅の外壁塗装と付帯部塗装

🏠施工前

三重県津市:外壁塗装施工前

🏠施工後

三重県津市:外壁塗装工事施工後

施工データ

塗料メーカー エスケー化研
使用塗料

水性セラタイトF   

クリーンマイルドシリコン

塗料名称 超低汚染型水性ふっ素樹脂塗料(外壁)
期待耐用年数 15~20年
施工箇所 外壁、付帯部
色調 外壁SR-111 付帯部15-30B
施工価格 81万円
類似物件参考価格 80万円~85万円

施工前の状況

外壁の劣化状況

塗装を塗り替える前の外壁の劣化状況

外壁の状態は旧塗膜の剥離などは見受けられず、艶の減退とカビの汚染が顕著な状況です。

建物内への雨漏りは一切発生していませんが、メンテナンス時期としてはベストタイミングだと思います。

 

軒天の劣化状況

塗装する前の軒天の劣化状況

軒天部は日光や雨が直接当たらないので激しい劣化は見受けられません。

外壁と同じフッ素塗料を使用しなくても耐久性に問題の無い部分なので、防カビ塗装をお勧めしました。

 


雨樋の劣化状況

戸建て住宅の雨樋の劣化状況

製品としての耐久性が高い雨樋ですが、かなり劣化しており色あせが顕著です。

シリコン塗料を2回塗装すれば美観性、耐久性ともに回復することができます。

雨戸の劣化状況

戸建て住宅の戸箱の劣化状況

金属製の雨戸は、色あせは目立ちますが錆の発生はありません。

この状態なら、さび止め塗装を行わなくても、シリコン塗料を2回塗装することで十分な耐久性を確保できます。

 


こちらの物件では、鉄部全般に錆の発生が見られないので、さび止め塗装は行っていません。錆が発生していない場合でも素材の状態に不安があれば、さび止め塗装は行った方がよい場合もあります。現地下見の際に、施主様と相談した結果今回の物件では鉄部はシリコン塗料の2回塗り仕上げとしています。

施工中の状況

足場工事

外壁塗装の仮設足場施工中

工事着工日1日目は、作業用仮設足場の設置となります。

 

外壁塗装の仮設足場施工後

仮設足場の設置完了です。足場工事は通常1日間で完了します。

 


高圧洗浄

外壁塗装工事に使用するエンジン式の高圧洗浄機

高圧洗浄はエンジン式の洗浄機を使用します。高いパワーで劣化した旧塗膜、コケ・藻などの汚染を簡単に洗い流すことができます。

 

戸建て住宅外壁の高圧洗浄施工中

外壁の高圧洗浄中の様子です。外壁、付帯部以外のサッシなども同時に洗浄していきます。

 


高圧洗浄で外壁のチョーキングを洗浄中

地面に流れているのは、旧塗膜のチョーキングです。外壁と塗料の密着性を高めるためにしっかり洗浄していきます。

 

モルタル基礎の高圧洗浄中

モルタル基礎部分は塗装しませんが、コケ、水アカなどの汚染を丁寧に洗い流していきます。


ケレン工事

ケレン工事の施工中

バルコニー裏側(金網)のケレン作業中です。高圧洗浄で落とし切れない旧塗膜は手作業で落としていきます。

足付け

足付け作業施工中

金属製雨戸の表面を目の細かい研磨材で整えています。塗料の密着をよくするための「足付け」作業です。

 


下地処理

シリコンシーラント下地処理施工中

サッシ付近にシリコンシーラントで防水対策を施してありますが、シリコンシーラントの上には塗料が密着しませんので、専用の処理剤を塗布しておきます。

養生工事

養生工事施工中

サッシなど塗装しない部分を塗料で汚さないために、ビニールで養生しておきます。通常、外壁の塗装が終わってから付帯部の塗装を行いますので、付帯部塗装中は窓の養生は撤去してあります。

 


外壁塗装(下塗り)

外壁の下塗り塗装施工中

外壁の下塗り(白色)塗装施工中です。

既存外壁は「リシン」という砂状のボードなので、厚膜タイプのフィーラーという下地調整塗材を選択しています。

 

外壁下塗りの刷毛塗装施工中

外壁面の部材周辺など、ロ-ラーで塗装できない所は刷毛を使って塗装していきます。 

 


外壁の下塗り塗装施工後

外壁の下塗り塗装が完了した様子です。

フィーラーの塗装で粗目の下地を整えることができましたので、後日に中塗り塗装を行います。

 


外壁塗装(中塗り)

外壁の中塗り塗装施工中

下塗りのフィーラー乾燥後、中塗り塗装の施工中です。

下塗りが完全に乾燥した上に塗装しますので、この時点で塗膜が2層形成されています。

 

外壁塗装の刷毛塗り施工中

ローラーの入らない細部などは、小さな刷毛で塗装していきます。

 


外壁の中塗り塗装施工後

外壁の中塗り塗装が完了した様子です。

中塗りが完全に乾燥したのち同じ塗料を重ね塗りしていきますが、同日に2工程は行わず後日に上塗り塗装を行います。

 


外壁塗装(上塗り)

外壁の上塗り塗装施工中

中塗り乾燥後、上塗り塗装施工中の様子です。

中塗りと上塗りは同じ塗料(色)を使用しますが、乾燥すると色が濃くなるのが塗料の性質ですので、乾燥後の中塗りと施工中の上塗りの境目ははっきりしています。塗残しが起こることは一切ありません。

外壁及び付帯部の上塗り塗装施工後

外壁の上塗り塗装が完了した様子です。

下塗り、中塗りと同じく刷毛とローラーを使い分けて丁寧に塗装します。3層の塗膜が形成されることで、耐久性はもちろん、美しい艶で仕上がります。

 


付帯部の塗装

軒天塗装施工中

軒天に防カビ塗装を塗布している様子です。

軒天は雨風が当たらず劣化しにくい部分なので、仕上げ用の塗料を2回塗装すれば耐久、美観を十分確保できます。

 

雨樋の下塗り塗装施工中

雨樋にシリコン塗料を塗布している様子です。製品として耐久性の高い雨樋ですが、外壁塗装の際はほとんどの物件で雨樋の劣化が進行していますので塗装する場合がほとんどです。

 

金網のシリコン塗装施工中

バルコニー裏側の金網も錆の発生はありませんので、シリコン塗料の2回塗りで仕上げていきます。

 

玄関付近の色替え塗装施工中

玄関の、飾り柱は既設で色替え塗装になっていましたので同じデザインになるよう白色で仕上げています。

 

軒天塗装施工後

軒天塗装も外壁の塗装と同じく、1日1工程(1回塗)を行いますので、2層の塗膜が形成されています。

 

 

雨樋の上塗り塗装施工中

雨樋にシリコン塗料を重ね塗りして仕上げていきます。この場合も、同じ日に重ね塗りすることはなく、後日に上塗り塗装を行います。

 

金属製雨戸のシリコン塗装施工後

色あせの顕著な金属製雨戸もシリコン塗装2回塗りで仕上げました。錆は発生していないのでさび止め塗装は行っていません。

 

玄関付近の色替え塗装施工後

飾り柱は外壁と同じ素材ですので、塗装工程も外壁と同じ3工程で仕上げます。

 


施工完了

戸建て住宅外壁塗装施工後

工事完了後、施主様に仕上がりをご確認いただき、足場解体の許可をいただきます。

足場解体日は、施主様の許可をいただき次第迅速に手配します。

戸建て住宅外壁塗装工事引き渡し完了後

外壁のフッ素塗装は、お問い合わせ時から施主様のご要望プランでしたので、他のプランはお勧めせず付帯部のシリコン塗装は当店側で提案しました。

 


今回使用した材料・塗料一覧~製品情報

 

今回の工事で使用した材料(塗料)の種類と用途をまとめてあります。

製品情報(WEBカタログ)をご覧になる場合は、画像下のリンクボタンからご覧ください。

 

シリコン処理剤

既存シリコンシーラントの処理に使用。

シリコンシーラント処理剤ペインター20

下地調整塗材

外壁の下塗りに使用。

水性SDサーフエポプレミアムのカタログ

フッ素塗料

外壁の仕上げ塗りに使用。

水性セラタイトフッ素のカタログ

シリコン塗料

付帯部の仕上げ塗りに使用。

クリーンマイルドシリコンのカタログ

防カビ塗料

軒天の仕上げ塗りに使用。

防カビ塗料セラミタウンのカタログ