外壁塗装の施工事例~三重県多気郡明和町

三重県多気郡明和町の、戸建て住宅外壁塗装・付帯部塗装の施工事例です。実際の施工写真で工事の流れとポイントをわかりやすく掲載しています。
建物の形状は二階建て寄棟です。外壁の塗装と雨樋、戸箱、水切りなどの付帯部、ブロック塀の塗装工事です。
ページ下部では、今回の工事で使用した塗料の製品情報をまとめてあります。事例と併せて参考にしてください。

外壁ラジカル塗装・付帯部シリコン塗装・ブロック塀ラジカル塗装

🏠施工前
三重県多気郡明和町-外壁塗装施工前

外壁・ブロック塀とも汚染が顕著な状態です。旧塗膜のチョーキングと水垢の汚染が目立ちます。外壁、ブロック塀にひび割れが目立ちます。

🏠施工後
三重県多気郡明和町-外壁塗装施工後

仕上がり色は既存と同系の色調です。住居付帯部の濃茶色とブロック塀笠木の白色がよいアクセントとなりました。


施工データ

塗料メーカー エスケー化研(株)
使用塗料 エスケープレミアムシリコン
塗料名称 超耐候形水性ハイブリッドシリコン樹脂塗料
期待耐用年数 14~16年(外壁)
施工箇所 外壁、付帯部、ブロック塀
色調 外壁:SR-403・付帯部:15-30B
施工価格 64万円(税込み)
類似物件参考価格 60万円~65万円(税込み)

施工前の状況

外壁シーリングの劣化状況

外壁塗装施工前のシーリングの劣化状況

既存外壁はサイディングボードにリシン(骨材)吹き付け仕上げです。ジョイントシーリング部の旧塗膜が剥離し、シーリング表面が透けている箇所がありますが、劣化状態は軽度ですので、既存の上から増し打ち補修を行います。

付帯部の劣化状況

塗装塗り替え前の付帯部分の劣化状況

雨樋は、色あせと取り付け金具の錆の進行が顕著です。戸箱の色あせも目立ちますが錆の発生はありません。外壁はチョーキングの発生と著しい退色といった状況です。


ブロック塀の劣化状況

塗装塗り替え前のブロック塀の劣化状況

ブロック塀は、点検の際隣接の草木に覆われている状態でしたので、水垢、黒カビなど汚染が顕著な状態です。画像では作業スペースが確保されていますが、敷地の所有者様に承諾をいただき草刈りを済ませてあります。

雀口漆喰の欠落

軒天雀口の漆喰欠落状況

雀口の漆喰が一部欠落しています。お問い合わせ下見の際、施主様が気にしておられましたので、こちらはサービス施工で漆喰の詰めなおしを行います。


施工中の状況

足場工事

外壁塗装の仮設足場設置工事施工中

工事初日は塗装用足場の設置工事です。作業中は金属の打設音が発生しますので、近隣様ご挨拶の際説明させていただきご理解をいただきます。足場の設置工事は通常1日間で終了します。

外壁塗装の仮設足場設置工事施工完了

仮設足場の設置工事が完了しました。塗料飛散防止のためのメッシュシートも入念に設置しておきます。工事初日は足場工事がメインです。高圧洗浄の準備で建物周囲の整頓を行う場合もあります。


高圧洗浄

高圧洗浄機

外壁塗装に使用するエンジン式高圧洗浄機は、高い水圧で頑固な汚染も簡単に洗浄できます。作業中は若干の騒音が発生しますので近隣様ご挨拶の際、丁寧にご説明しご理解をいただきます。

外壁の高圧洗浄施工中

外壁の高圧洗浄施工中です。水圧調整装置がついているので洗浄の状態を確認しながら丁寧に作業を行います。塗装する範囲だけでなく、サッシ周辺、基礎など建物全体を洗浄します。


ブロック塀の高圧洗浄施工中

ブロック塀の高圧洗浄施工中です。塗装しない笠木や縁石も丁寧に洗浄していきます。今回の洗浄は1日で終了しましたが、外壁、付帯部、屋根、ブロック塀など、面積が多い場合は2日目も洗浄作業になります。


シーリング工事(外壁)

外壁シーリング工事施工中

外壁シーリングの増し打ち施工中です。マスキングテープでラインをそろえて丁寧に慣らしていきます。塗装すればシーリングのラインは目立ちませんが、このような箇所も美観にこだわります。

外壁シーリング工事施工後

シーリング増し打ち施工後です。当店ではブリード汚染の発生しないノンブリードシーリングを使用します。ブリード現象の知識がない業者さんが通常のシーリングを使用すると、施工後1~2年後にに”ブリード”という汚染現象が発生してしまいます。


塗装工事の際は、シーリング材の選択に注意が必要です。
ノンブリード(NB)タイプでないシーリング材を使用すると施工後早い時期では、1~2年後に”ブリード”という現象で塗膜表面が汚染されてしまいます。ノンブリードシーリングは、製品ラベルに「ノンブリード」または「NBタイプ」と記載されています。
詳しくは以下のリンクから。

ノンブリードシーリング

戸建て住宅付帯部のシーリング補修工事

サッシ廻りと軒天周辺のシーリング補修です。著しいクラックが発生している状態ではなく、塗膜表層の軽度なひび割れですが、こういった箇所を入念に補修しておくと将来への安心につながります。高所隅部など、工事着工後に気が付く箇所もありますが、料金の追加項目になることはありません。塗装工程までに全箇所徹底的に補修しておきます。

戸建て住宅付帯部周辺のシーリング補修工事

通気口と換気フード周辺のシーリング補修です。こちらは、施主様がDIYで部材を交換されたので取り付け部周辺のシーリングは当店側で施工させていただきました。このような軽作業に関しては見積りなどは出しません。工事をご依頼いただいた感謝の気持ちを少しでも表現させていただきます。

施工中の状況(塗装工事)

シリコンシーラント処理

戸建て住宅外壁のシリコンシーラント処理前

電話線引き込み口や換気扇取り付け部など部材周辺は、シリコンシーラントで補修されています。よくある通常の補修方法ですが、シリコンシーラントは塗料を弾いてしまうので、専用の処理剤を塗布します。これで塗料が弾かなくなります。

戸建て住宅外壁のシリコンシーラント処理中

わずか数センチ四方の下地処理ですが、この手間をかけられるかどうかが施工品質へのこだわりです。塗装作業に入るまでの下地処理を徹底するのが当店の方針です。細部まで入念にチェック・処理しておきます。


シリコンシーラント専用処理剤-ペインター20

信越化学工業のシリコンシーラント専用処理剤”ペインター20”です。大量に使用する材料ではありませんが、塗装現場では必須の下地処理剤ですので必ず現場に持ち込みます。


養生工事

外壁塗装前の養生工事施工後

塗装しない所を汚さないようにビニールで養生しておきます。サッシなどの開口部は外壁の塗装が仕上がった時点で速やかに撤去し、その後付帯部の塗装を行います。

住宅出入り口周辺の養生工事

出入り口周辺の養生は、作業一工程ごとに繰り返し行います。勝手口と玄関周辺の作業を交互に行うように配慮し、住民様の出入りのご負担軽減に努めます。


外壁塗装(下塗り)

外壁の下塗り刷毛塗装施工中

今回使用する下塗りは、フィーラーという下地調整塗材です。リシン壁の様な粗面下地では、吸い込み防止と膜厚確保のためにフィーラーを使用するのが標準仕様です。

外壁の下塗り刷毛塗装施工後

部材隅部や縁周りはローラーが当たらないので塗残しや薄膜になりがちです。小さな刷毛で先行塗りしておき、広い面はローラーを使って塗装していきます。


外壁の下塗りローラー塗装施工中

ローラーに下塗り塗材をたっぷりつけて厚みを付けていきます。下塗り塗装の品質は上塗りに反映しますので、材料は惜しまず下地が隠れる程度まで塗布します。

外壁の下塗り塗装施工後

外壁の下塗り塗装が完了しました。速乾性の下塗り塗材ですが、中塗り塗装は後日に行います。乾燥ムラが残っていると綺麗に仕上がらないので塗装工程は1日1工程とします。


外壁塗装(中塗り)

外壁中塗り刷毛塗装施工中

中塗り塗装も下塗り塗装と同じく、刷毛で隅部を先行塗りしていきます。下塗り塗装で整った塗膜の上は刷毛の動きがスムーズになります。

外壁中塗りローラー塗装施工中

広い面はローラーを使って塗装します。中塗りに使用する塗料は仕上げの塗料と同じ塗料です。仕上げ塗料はラジカル塗料です。


外壁中塗りローラー塗装施工中

中塗りローラー塗装の途中経過です。玄関付近ですが、刷毛の先行塗りとローラー塗装は1面づつまとめていくほうが作業効率は良くなります。

外壁中塗りローラー塗装施工後

中塗り塗装が完了しました。中塗りの時点で下地が透けることはなく「きれいに仕上がったね」といわれるほど着色されますが、プロ目線では完全に途中経過の状態です。


外壁塗装(上塗り)

外壁上塗り刷毛塗装施工中

上塗り塗装の刷毛先行塗りの様子です。乾燥すると色が濃くなるのが塗料の性質なので、塗装中は色が違って見えます。同じ塗料を塗り重ねる際、塗り忘れが起こることはありません。

外壁上塗りローラー塗装施工中

上塗りローラー塗装の様子です。下塗り、中塗り2工程の塗膜の上にさらに上塗り塗装で塗膜の厚みを付けていきます。3工程で3層の塗膜を確保するには最低でも延べ3日間の塗装工程が必要です。


外壁上塗り塗装完了

玄関出入り口の養生は、周辺の上塗り塗装が乾燥した時点で速やかに撤去し、翌日の塗装時に再び養生します。速乾性塗料なので養生撤去作業は問題なく行えます。

外壁上塗り塗装施工後

上塗り塗装後の外壁です。下塗り、中塗り、上塗りの工程を別日に分けて塗装すると確実に3層の塗膜が出来上がります。耐久16年のラジカル塗料の塗膜が形成されました。


外壁上塗り塗装施工後

通常の工程は、外壁の塗装が終了した時点で順次養生を撤去します。付帯部の塗装は塗料飛散の心配はほとんどありませんが、塗装後の自主点検、手直しは徹底しますのでご安心ください。


付帯部の塗装

戸箱の刷毛下塗り塗装施工中

戸箱は2回塗りで仕上げます。研磨(足付け)作業後、隅部は刷毛で先行塗りしていきます。鉄部が錆びている場合はさび止め塗装が必要ですが状態が良ければ上塗り2回塗りを提案しています。

戸箱のローラー下塗り塗装施工中

広い面はローラーで塗装します。作業効率を高めるために、外壁の塗装より小さいローラーを使用します。段差を意識して塗装しないと後ダレするので注意が必要です。


戸箱の上塗り塗装施工中

使用する塗料は速乾性ですが、塗膜の層を確保するため1日1工程の塗装を行います。

戸箱の上塗り塗装施工後

今回は下地の状態が良好なのでさび止め塗装は行いませんでしたが、既存状態を判断し、さび止め塗装を行うことも多くあります。


雨樋の上塗り塗装施工中

雨樋は耐久性の高い塩ビ製品ですが、塗装しておくと耐久性と美観が向上します。

小庇のローラー上塗り塗装施工中

小庇上部の板金も錆びていませんので、2回塗りで仕上げていきます。錆びている場合はさび止め塗装を行います。


ブロック塀の塗装

ブロック塀のシーリング工事施工後

ブロック塀のクラック補修後の状況です。使用するノンブリードシーリングは速乾性ですが、シーリング施工と塗装工程を同日に行うことはありません。

ブロック塀ポストのシーリング施工後

ポスト周辺など部材取り付け部は、微細なクラックが入りやすい箇所です。チェックを怠らず完璧に補修します。


ブロック塀の下塗り塗装施工中

ブロック塀の外壁は住居と同じリシン仕上げですので、塗装工程は全く同じ工程です。刷毛とローラーを使い分けて塗装していきます。

ブロック塀の下塗り塗装施工後

ブロック塀の下塗り塗装が終了しました。住居と同じく1日1工程とします。中塗り、上塗りの2工程は2日間で行いますが、住居の塗装が残っていれば同時進行します。


ブロック塀の中塗り塗装施工中

ブロック塀の中塗り塗装中です。刷毛とローラーを使い分けて塗装を進めていきます。

ブロック塀の中塗り塗装施工後

ブロック塀の塗装工程の途中では、住居部の養生、メッシュシートを外して住民様に過ごしやすくしていただきます。


ブロック塀の上塗り塗装施工中

ブロック塀の上塗り塗装施工中です。既存と同じく笠木部分は白色で塗装していきます。

ブロック塀の上塗り塗装施工後

ブロック塀の塗装が完了しました。すべての塗装が終わったら施主様のご都合の良い日時に仕上がりを確認していただきます。


外壁塗装完了後の仮設足場の状況

施主様の仕上がりご確認日程は決して急がず、余裕をもってご確認をお願いしております。今回は手直しなどの作業はありませんでしたので近隣様にご挨拶を兼ねながら足場解体へと進みました。


施工完了

三重県多気郡明和町-外壁塗装施工完了
三重県多気郡明和町-外壁塗装施工完了

三重県多気郡明和町-外壁塗装施工完了
三重県多気郡明和町-外壁塗装施工完了

三重県多気郡明和町-外壁塗装施工完了
三重県多気郡明和町-付帯部塗装完成
三重県多気郡明和町-付帯部塗装完成

今回使用した下地補修材・塗料一覧~製品情報

今回の工事で使用した下地補修材と塗料の種類をまとめてあります。

製品情報(WEBカタログ)をご覧になる場合は、画像下のリンクボタンからご覧ください。

ラジカル塗料(水性)

外壁の仕上げ塗りに使用。

エスケープレミアムシリコン

シリコン塗料(油性)

付帯部の仕上げ塗りに使用。

クリーンマイルドシリコン

下地調整塗材

外壁の下塗りに使用。

水性ソフトサーフSG

シリコン処理剤

シリコンシーラント処理に使用。

ペインター20

シーリング材

クラック補修に使用。

ノンブリードシーリング-シャーピーnb-lm