外壁塗装の施工事例~三重県津市

戸建て住宅の外壁塗装と付帯部塗装

🏠施工前

外壁塗装の施工前の画像

施工前の建物1階北面の状況です。

コケや水アカが外壁全体の景観を損ねていて、耐久性にも悪影響が及んでいると思われます。

塗り替え時期としては若干遅い段階です。

 

🏠施工後

外壁塗装の施工後の画像

外壁にはシリコンハイブリッド(ラジカル抑制)塗料、付帯部には2液硬化型の油性シリコン塗料を使用し、高耐久仕上げを実現できました。

施工プランは費用対効果抜群のラジカル抑制プランです。


施工データ

塗料メーカー エスケー化研
使用塗料

エスケープレミアムシリコン

クリーンマイルドシリコン

塗料名称 超耐候形水性ハイブリッドシリコン樹脂塗料
期待耐用年数  14~16年
施工箇所 外壁、軒天、破風板、雨樋、戸箱、他
色調

外壁 SR-111   付帯部 15-30B

施工価格 58万円
類似物件参考価格 55万円~60万円

外壁塗装工事用の仮設足場設置完了の画像

作業用仮設足場の設置が完了しました。

仮設足場の設置工事は通常1日間で完了します。

施工前の状況

外壁塗装を行う前の建物全体の画像

周辺樹木の影響が大きく、コケ類、藻、水アカ汚染が顕著ですが、これは第一工程の高圧洗浄で解決できます。

 


塗装塗り替え前の軒天と破風板の画像

付帯部としての軒天、破風板、雨樋も外壁と同じく汚染が顕著な状況です。

塗装塗り替え前の戸箱の画像

戸箱の板金部は激しい錆は発生していません。若干の錆と色あせが目立ちます。戸箱のみ吹き付け塗装の予定です。

 


外壁塗装工事前の壁のひび割れの画像

外壁の繋ぎ目に発生しているひび割れは、高圧洗浄後シーリングで補修を行います。

小さなひび割れも見逃さず、すべてノンブリード(NB)タイプのシーリング材で補修します。

ノンブリードシーリングの画像

塗装工事の際、ノンブリードでないシーリング材を使用すると、ブリード現象が発生し、早い時期では約1年後に補修部の汚染を引き起こします。

ノンブリード(NB)シーリングは、塗装を前提としたシーリング材です。


ブリード現象による汚染発生の例画像

塗装を前提としたノンブリードタイプのシーリング材は、主要メーカー各社から発売されています。

塗装専用のシーリング材があるということですので、塗装工事の現場ではノンブリードシーリングで施工するのが大前提となります。

以下のシーリング画像クリックで、商品詳細ページがご覧いただけます。


サンスター技研株式会社のノンブリードシーリングの画像
シャープ化学工業株式会社のノンブリードシーリングの画像
セメダイン株式会社のノンブリードシーリングの画像
コニシボンド株式会社のノンブリードシーリングの画像

施工中の状況


高圧洗浄

外壁塗装工事の高圧洗浄風景と高圧洗浄機の画像

エンジン式の高圧洗浄機を使用して、コケや水アカなどの汚れをきれいに洗浄していきます。

高圧洗浄機でエアコン室外機の裏側を洗浄中の風景

洗浄ガンの手元には、水圧調整用のハンドルがついているので、大きく移動できないエアコン室外機などの裏側は水圧を弱めて洗浄します。

 


下地処理

外壁のクラック補修のためのマスキングテープ処理の風景

高圧洗浄終了後は、外壁目地のクラック補修を行います。

シーリング充てん前に、クラック周辺にマスキングテープを貼っていきます。

 

外壁のクラック補修用のシーリングを馴らしている風景

シーリング充てん後は、専用のスポンジへらで速やかに慣らしていきます。

シーリングが完全に乾燥してしまうと、マスキングテープの撤去が困難なので、タイミングよくテープを撤去していきます。

 

外壁のクラック補修のシーリング充てんの風景

ノンブリードタイプのシーリング材を充てんしています。

製品ラベルにNBと表記されているのが、ノンブリードシーリングです。

 

外壁クラック補修のシーリング完了風景

外壁クラック部のシーリング補修が完了しました。

施工時期によって異なりますが、シーリングが乾燥(硬化)するまで1日~3日間程度かかります。

その間に養生工事などを進めていきます。

 


サッシ廻りのシーリング補修風景

サッシ廻りのシーリングにも劣化が見られるので、シーリングで増し打ち補修していきます。

小庇上部のシーリング補修風景

小庇と外壁の繋ぎ目も同様に補修していきます。

 

 


破風板ジョイント部のシーリング補修風景

破風板のジョイント部など、既存のシーリングが劣化している部分もすべて補修していきます。

エアコンホースの取り外し風景

塗装しない部分をビニールマスカーで養生していきますが、エアコンホースなどは、取り外し可能ならば外壁から離しておきます。


塗装工事前のクラック補修は、工事後の耐久性にかかわる大切な工程です。塗装してしまえば見えなくなるような、微細な破損箇所こそ丁寧な下地処理を施すべきだと考えています。

養生工事

非塗装部のサッシのビニール養生風景

シーリング補修などの下地調整作業が完了したら、塗装しない部分をビニールマスカーで養生していきます。

勝手口のビニール養生風景

玄関や勝手口などの出入り口は、常時開閉できるように養生していきます。
鍵穴部分も確保しています。

 


下塗り

住宅の破風板の下塗り塗装をしている風景

養生工事が完了後、破風板など付帯部の下塗り塗装を行います。

住宅の付帯部の下塗り完了風景

破風板、鼻隠し、屋根板金の下塗り塗装完了です。


下塗り塗装には、エポキシ系の油性さび止め塗料を使用しています。付帯部取り付けに使用されているビスや釘など、金属類のさび止め効果も得られるので、耐久性向上に効果的です。

中塗り、上塗り

住宅の軒天塗装風景

軒天(天井)に防カビ塗料を塗布しています。

通常は同じ塗料を2回塗布して仕上げます。


リシン外壁の下塗り塗装風景

外壁下地の素材に合う下塗り材を選択します。

こちらの外壁は砂粒状のリシン壁なので、フィーラーという下地調整材を使用しています。

 

リシン外壁にラジカル塗料で中塗り中の風景

下地調整材の下塗り乾燥後に、中塗り塗料を塗布していきます。

当店が推奨しているラジカル抑制塗料は、耐用年数15年間です。(メーカー期待耐用年数)

住宅の軒天塗装完成風景

玄関付近の軒天が仕上がりました。

軒天が仕上がったら、外壁の下塗り塗装へと進みます。

 

リシン外壁の下塗り完成風景

リシン外壁の下塗り完了です。

エポキシ系の微弾性系フィーラーは粗面下地に最適です。密着性に優れ、上塗り塗料との相性も抜群です。

 

リシン外壁にラジカル抑制塗料の中塗り中の風景

水性シリコン系のラジカル抑制塗料は、シリコンハイブリッドともいわれています。

費用対効果抜群のおすすめ塗料です。

 


リシン外壁の中塗り完了風景

中塗り塗装完了風景です。

中塗りが完全に乾燥してから、最終仕上げの上塗りを塗布していきます。通常は中塗りの翌日に上塗りを行います。

リシン外壁の上塗り完了風景

上塗り塗装完了風景です。

上塗り塗装完了後は、速やかに養生ビニールを外し、付帯部の塗装へと進みます。

 


付帯部の塗装

雨樋の緩みをビスで補修している風景

雨樋の留め金具が緩んでいるので、ビスで補強しています。

高所など、足場作業中でないと気が付かない破損部などは積極的に補修いたします。

もちろん追加費用はいただきません。

付帯部の破風板にシリコン塗料を中塗りしている風景

付帯部の破風板に油性シリコン塗料の中塗り中です。

中塗りが完全に乾燥してから、同じ塗料で再度上塗りを塗布していきます。

中塗り塗装と上塗り塗装は別日に行うのが通常です。

 


付帯部の破風板の上塗り塗装風景

破風板の上塗り塗装中です。

劣化状況によりますが、付帯部塗装は2回塗りで仕上げる場合もあります。

今回は、劣化が進んでいたので3回塗りで仕上げていきます。

雨樋に油性シリコン塗料を塗布している風景

雨樋に1度目の塗装中です。

雨樋は製品として強度があるので、1~2回塗りで仕上げます。今回は2度塗り仕上げの工程です。

 


雨樋の上塗り塗装中風景

雨樋の上塗り塗装中です。

今回の工事では、付帯部塗装はすべて2液型油性シリコン塗料を使用しています。

水切り板金を刷毛で塗装している風景

水切り板金の塗装中です。

塗装部位の形状に合わせて、刷毛とローラーを使い分けて作業を進めていきます。

 


水切り板金の上塗り塗装風景

水切り板金の上塗り塗装中です。

劣化状況によって2回塗りで仕上げる場合もあります。

下屋根部の水切り板金の塗装風景

1階屋根上部の水切り板金の塗装中風景です。

 

 


凹凸の激しい戸箱板金の吹き付け塗装風景

段差の激しい戸箱板金は、車両塗装用のスプレーガンで吹き付け塗装を行います。

段差の深さによってローラー塗装で仕上げる場合もあります。

戸箱板金の中吹き塗装風景

周囲に塗料が飛散しない様、ビニールで広めに養生しています。

エンジン式のエアコンプレッサーを使用するので、若干の騒音はご了承願います。

 


戸箱板金の吹き付け仕上げ中の風景

戸箱板金の仕上げを吹き付けています。

横の養生ビニールを見ると、大きく飛散していないのがお判りいただけると思います。

戸箱板金の吹き付け塗装完了風景

戸箱板金の吹き付け塗装直後の風景です。

使用している油性シリコン塗料は、速乾性なので同日にビニール養生を外しておきます。

 


サービス施工

テラス波板のフックの交換作業中風景

テラス波板のフックが劣化していたので、サービスで交換させていただきました。

 

瓦の釘が緩んでいる様子

今回、屋根の塗装は行いませんが、施主様から釘の浮きが心配とのご相談がありました。

こういう機会にしか補修できないので、サービスで補修させていただきます。


緩んだ瓦の釘を打ち込んでいる風景

瓦を気付付けない様、浮いている釘を木づちで打ち込んだ後、シリコンシーラントを盛り付けていきます。

緩んでいた瓦の釘を補修した後の風景

瓦全体を点検し、浮いている釘はすべて補修しておきました。

ちょっとしたことですが、将来への安心が膨らみます。

 


外壁塗装完了後足場解体前の風景

すべての工事が完了後、施主様に仕上がりを確認してもらいます。足場解体の許可がいただけてから、足場業者さんに解体作業を依頼します。

外壁塗装用の仮設足場解体作業中の風景

周囲の安全を確保しながら仮設足場を解体します。

足場の解体工事は通常半日程度で完了します。

 


施工完了


外壁塗装塗り替え工事完了後の風景
外壁塗装塗り替え工事完了後の1階部分の風景

外壁塗装完了後の建物の全体風景

施主様のご希望通り、アイボリー系のさわやかな色調に仕上がりました。

天候にも恵まれ、順調に工事を進めることができました。

施主様からのお喜びのお言葉が、今後の励みになります。

大変お世話になりました。

 


今回使用した材料・塗料一覧~製品情報

 

今回の工事で使用した材料(塗料)の種類と用途をまとめてあります。

製品情報(WEBカタログ)をご覧になる場合は、画像下のリンクボタンからご覧ください。

 

シーリング材

クラック(ひび割れ)補修に使用。

ノンブリード(NB)シーリング材の画像

さび止め塗料

鉄部・ボード部の下塗りに使用。

錆止め塗料サビカットのカタログの画像

下地調整材

外壁の下塗りに使用。

水性SDサーフエポプレミアムのカタログ画像

シリコン塗料

付帯部の仕上げ塗りに使用。

クリーンマイルドシリコンのカタログの画像

ラジカル塗料

外壁の仕上げ塗りに使用。

エスケープレミアムシリコンのカタログ画像

防カビ塗料

軒天の仕上げ塗りに使用。

防カビ塗料エバーロックネクストのカタログの画像